JRの高架化を観察-阪和線
大阪の「阪」と和歌山の「和」で阪和線。文字通り、大阪(天王寺)と和歌山を結ぶJR線。また、関西空港への足でもある。
この阪和線、大阪・天王寺と関空・和歌山を結んでいるだけあり、特急・快速・普通列車と過密気味のため「開かずの踏切」に長年悩まされている。また、踏切の無謀横断で亡くなる人も多かった。
これを解決すべく、大阪市内では高架化工事が進行している。
そして去年、ついに上り線(天王寺行き)が高架化された。(下りは来年) 実に、用地買収をはじめてから約30年だ。

昭和初期につくられた駅舎とも線路とも踏切とももうすぐお別れ。
このJR阪和線の高架化を調査してみることにした。


大阪市南端の大和川にやってきた。見えているのは阪和線の鉄橋。手前側(右側)が大阪市で、向こう側(左側)が堺市。
c0041027_18291447.jpg


今までは天王寺から一駅まで高架で、それ以後線路は地上だった。
今回、大阪市南端の駅以北を高架化される。つまり、大阪市内南端では、地上から高架に登る場所があるわけだ。
そこに行ってみる(杉本町駅と我孫子町駅の間。)

before(上り線高架化前)
c0041027_18302873.jpg

after(上り線高架化後)
c0041027_18311023.jpg
なんと、線路も架線も一晩で繋ぎ変えたそうだ。わずか数時間で。。。

我孫子町駅。手前に古い方の駅、向こう側に新しい高架駅が見える。
c0041027_1984996.jpg


鶴ヶ丘駅の駅名表示はおろされて。。。。
c0041027_19101767.jpg


ホームは解体。
c0041027_19102632.jpg


この踏切も来年なくなる。
c0041027_19185824.jpg


駅の中はピカピカ
c0041027_19204494.jpg


所変わって、新しい南田辺駅
c0041027_19194359.jpg


南田辺新高架駅のホーム。狭い。。。
c0041027_19223967.jpg



上り線が高架になってから、踏切の遮断時間も短くなり、早くも効果が現れたそうだ。
下り線も高架になれば踏切による渋滞もなくなるし、踏切での人身事故もなくなる。
阪和線は関空への大切な足。ダイヤを正確に運用するかもできるようになるのだ。

c0041027_1928174.jpg
それにしても高架はでかかった。


大阪市建設局:JR阪和線連続立体交差事業
[PR]
by nakano-shima | 2005-03-10 19:11 | ☆大阪百科☆
<< 道頓堀に観覧車-ドンキホーテ 西梅田にサンケイビル >>