「ほっ」と。キャンペーン
SUITO21-天満橋に水上カフェ
c0041027_30950.jpg日経ネット関西版:大阪・天満橋に水上カフェ─川に浮かぶ憩いの場
 桜並木を見ながら食事や音楽が楽しめる水上カフェ「SUITO21」が25日、大阪市北区の天満橋北詰近くの大川に開店した。オープニングセレモニーには大阪に桜を1000本植える「平成の通り抜け」運動の呼び掛け人で建築家の安藤忠雄さんら約30人が参加。水辺に浮かぶ「憩いの場」の登場を祝った。
 式典のあいさつで安藤さんは「大川沿いの美しい桜並木を見ると(これからの)明るい大阪が見えてくる。大勢で盛りあげたい」と話した。
 財団法人大阪21世紀協会(大阪市)が企画する「水の都大阪」再生イベントで、4月10日までの期間限定で営業する。
大阪日日新聞:大阪の魅力 水辺から 水上カフェ オープン
c0041027_2593726.jpg 大川のほとり、大阪市北区の南天満公園に27日、桜を眺めながらランチやディナーを楽しめる水上のカフェ「SUITO21」がオープンした。川岸に客席約七十席とキッチンを備えた船を浮かべたもので、水の都・大阪の魅力を水辺から堪能できる一風変わったカフェとして人気を集めそうだ。
 「水の都・大阪」の再生事業に取り組む、大阪21世紀協会が企画。水辺空間の利用法を探る実験的な試みとして、4月11日まで営業する。
 正午から午後9時までの営業時間をランチタイムとディナータイムに分け、お菓子付きのコーヒーや紅茶、アルコール類、クラムチャウダースープ(各500円から)や料亭弁当(1500円から)など、近隣の大阪キャッスルホテルの協賛を得てメニューを取りそろえている。
 オープニングセレモニーで同協会の堀井良殷理事長は、「ここから見る水都・大阪の景色はパリのセーヌ川に勝るとも劣らず素晴らしい。“大阪名物、お花見カフェ”となり、全国、海外の人たちにも来てもらえるようになれば」と話していた。
そういえばこの前天満橋を通ったときにあったな。まだオープンしてなかったのか。でも、以前にも水上レストランみたいなものはあったような。別物かな。
それにしても、大阪にこだわってくれる人って多いですね。
特に建築家の安藤忠雄さん!結構多くの大阪の建築物を設計してますし、大川に桜を植えようってのにも積極的に参加されてましたね。見習わないと!
ちなみに、このカフェ、淀屋橋にあるそうだ。これも見たような。。。w


財団法人大阪21世紀協会:水上カフェ「リバーサイドカフェ『SUITO21』
2005 大阪川開き 春の舟運まつり:水上レストラン

人気blogランキングへ←ぐぁぁぁぁ!油断してたらいつの間にか2位に!!1位奪還のため応援お願いします!
[PR]
by nakano-shima | 2005-03-26 02:50 | ニュース
<< 大阪城梅林も終わり-次は造幣局の桜 三叉路の歩道橋-天神橋1 >>