今年は114万人-造幣局桜の通り抜け
産経新聞:大阪・造幣局の「桜の通り抜け」に114万人
 大阪に春本番を告げる造幣局(北区)の「桜の通り抜け」が19日夜、終了した。
 7日間の期間中、昨年より24万人多い114万7000人が入場。最も多かった1959年の約106万人を上回り、46年ぶりに過去最高を記録した。
 造幣局広報室は「今年は期間中に雨がなく、暖かい日が続いたため」と説明。見ごろとなった週末の16-17日は2日間で56万人が訪れた。
朝日新聞:最多114万人、「桜の通り抜け」 造幣局
 独立行政法人・造幣局(北区)は20日、13日から1週間催した「桜の通り抜け」に、過去最高の114万7千人が訪れたと発表した。期間中天候に恵まれたことや、17日の日曜日に満開になったことが要因と分析している。
 「桜の通り抜け」は1883年に始まり、1943年から4年間は戦争のため一時中止されたが、今年で119回目。これまでの記録は1959年の106万1780人で、今年は46年ぶりに記録を更新した。
 まさか過去最高記録を更新するとは。。。土日には56万人。。。愛知万博より余裕で多いよ。まぁ、大成功!ってことで。
大阪が桜の名所になる、全国的に大阪の造幣局の桜の通り抜けが有名になる、ってのももう少しで実現できるかも。


昨日撮った写真があので追加更新。
c0041027_1872625.jpg

人気blogランキングへ←よろしく
[PR]
by nakano-shima | 2005-04-20 00:59 | ニュース
<< リンク集 ディオールの西日本最大店が心斎... >>