「ほっ」と。キャンペーン
マルビルの掲示板が復活!?
朝日新聞:マルビルの電光掲示、9月に復活 ただし回りません
c0041027_158958.jpg JR大阪駅前にある大阪マルビルの屋上で、電光掲示板が部分的に復活する。03年秋に姿を消した掲示板は、丸いビルの頭の部分でくるくると回る電光文字が印象的で、大阪の玄関口のランドマークになっていたため懐かしむ声も多く、マルビルの再建に取り組む親会社の大和ハウス工業が復活を決めた。9月中の点灯を目指す。
 新しい掲示板は以前と違い、文字が回転しない。ビルの頭部にはちまきをする形で白いアルミパネル(幅5m、円周90m)で覆い、この一部に縦4m、横10mという長方形の大型画面をはり付ける。
 その画面内で発光ダイオードを使い、天気予報、時刻、気温、地震や津波などの情報を見せようという趣向。
 今回、名物の回転文字にしなかったのは、周辺に高層ビルが増えすぎ、見える位置が限定されたからだった。このため、大和ハウスはビルの屋上が最もよく見える場所を調べ、阪急百貨店梅田本店の前にある歩道橋が最適だと判断、ここに向かう北側に大型画面を取り付けることに。
 設置費用は1億6千万円。だが運営費は、旧掲示板の約1割にあたる年間500~750万円に抑える方針。
 旧掲示板はマルビルの開業と同じ76年4月に設置され、ニュース速報などを流した。だが、景気低迷による広告収入の減少などで、03年9月末、とりやめた経緯がある。その後、マルビル本体も経営難に陥り、大和ハウスの傘下で再建を進めている。
 できたころには梅田に高層ビルはマルビルのみだったのが、今となっては、、、
参考:ダイヤモンド地区-大阪駅前(梅田)
   梅田の歴史を航空写真(空中写真)で。

人気blogランキングへ←7位転落中。。。クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-05-12 01:55 | ニュース
<< ミナミ浄化 阪急百貨店1期工事 >>