「ほっ」と。キャンペーン
もう2つ関空ニュース
Osakanews.com:関空展望ホールがテーマパークに 9日オープン(2005/7/7)
c0041027_2031854.jpg 関西国際空港展望ホール「Sky View(スカイビュー)」が〝航空テーマパーク〟として生まれ変わり、7日、報道向けの内覧会が開催された。9日にリニューアルオープンする。
 展望ホールは、航空機の離着陸が間近に見られる施設として人気を集めてきた。今回の改修は搭乗以外の目的で同空港を訪れる家族連れやカップルなどのさらなる集客力アップを図ろうと企画。
 コックピットを再現した操縦体験コーナーや、他では入手困難な航空関連グッズ販売コーナーなどがめじろ押し。客室乗務員の制服も試着でき、マニアにもたまらない施設になりそう。
Osakanews.com:国交省、関空の発着制限を見直し-混雑時の増便可能に(2005/7/8)
  国土交通省は7日、関西国際空港の発着枠について、3時間当たりの発着回数を規制していた「3時間値」を撤廃すると発表した。今秋の国際線冬ダイヤ移行にあわせ、10月30日からは、発着需要が少ない時間帯で集中的に回数制限する「ファイアーブレーク方式」を採用する。
 関空の発着枠はこれまで、混雑時や閑散時などにかかわらず、一律に①1時間30回まで(1時間値)②連続3時間の上限は計81回(3時間値)-とする2つの制限を適用。このため、1時間の実質発着回数は27回に抑えられ、枠内いっぱいで運航されている朝夕のラッシュ時は新たな発着要望に対応できない一方、昼間の閑散時には発着枠が多すぎる状況が続いていた。
 冬ダイヤから採用される方式では、安全性確保のため「1時間値」は継続されるが、「3時間値」は撤廃。代わりに閑散時の午後零時台と午後3時台の上限枠を従来の1時間値より6回少ない24回に集中的に制限(ファイアーブレーク)し、需要に即したダイヤ編成が可能になる。
 シミュレータやりたい! そういえば交通科学博物館のシミュレータは中止だとか。事故の影響か?

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-08 20:04 | ニュース
<< 湊町再開発 関空関連ニュース2つ >>