阿倍野再開発計画案
日経ネット関西版:阿倍野再開発、ヨーカ堂・ハンズ核店舗に─大阪市が未着工3棟計画案
 大阪市は29日、天王寺駅前の阿倍野市街地再開発事業(阿倍野区)について、未着工ビルの都市計画案をまとめた。イトーヨーカ堂と東急ハンズを核テナントとする店舗棟など3棟で構成し、合計の延べ床面積は約21万平方メートル。今秋に都市計画決定し、2007年度に着工、10年春の開業を目指す。
 04年度にビルの事業協力者に決まった東急不動産などと協議し、都市計画案を策定した。店舗棟は地下2階地上6階建てで、延べ床面積は17万6800平方メートル、店舗面積は7万5000平方メートル程度ある。4階から6階が約1500台の駐車場となる。
 やっと見通しが立ったようで。。。いつまでも虫食いのような空き地を置いていてもね。。。
当初の計画のような大規模な施設ではなさそうですが、仕方ないですね。


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-31 00:13 | ニュース
<< PL花火が聞こえる 「堺」ナンバー誕生 >>