大阪を副首都に
日経ネット関西版:「非常時、大阪を第2首都に」 5者協力で国に具体案──府・市・3経済団体が合意(9月3日)
 大阪府、大阪市、関西経済団体の首脳による懇談会が2日、大阪市内で開かれ、東京で大災害が起きた場合に備えて大阪に首都の代替機能を整備するよう国に働き掛けることで合意した。大阪にある官公庁の出先機関の設備や人員を強化し、非常時の第2首都と位置付ける。
 太田房江知事、関淳一市長、秋山喜久・関西経済連合会会長、野村明雄・大阪商工会議所会頭、松下正幸・関西経済同友会代表幹事が出席した。同友会からの同懇談会への参加は初めて。
 秋山氏は首都の代替機能の整備について「これまでは各団体が非公式に国に働き掛けていたが、5者で具体的な構想をまとめて提案したい」と述べた。
 このほか大阪とアジアの交流促進、企業誘致の強化、大阪・ミナミの環境改善、物流ネットワークの構築に向けた高速道路整備などのテーマについて、自治体と経済団体が協力して取り組む。
京都新聞:災害時、政府機能を大阪に  関経連と大阪府 国に要望で一致(9月3日)
 関西経済連合会など関西財界三団体トップと太田房江大阪府知事、関淳一大阪市長が2日、大阪市内のホテルで懇談会を開き、東京で大災害が起きた際に大阪で政府の代替機能を果たせるよう、国の出先機関の設備や人員増強を国に働き掛けることで合意した。
 懇談会後に記者会見した関経連の秋山喜久会長は「直下型地震で首都の国家機能がまひする可能性がある」と強調。各省庁の出先機関の機能強化に加え、非常事態の際は本庁の権限も移せるようにするべきだと話した。
 懇談会ではこのほか、大阪・ミナミの環境改善やアジアとの交流促進、企業誘致の強化などに協力して取り組むことでも一致した。(共同通信)
 民間の大企業では緊急時には一応本社機能を大阪にすると、暗黙の了解のように決めているところは多いとか。ただ、それに対する準備はさほどされてなさそう。
大手前にたくさんある合同庁舎だけでは、非常時に首都機能ってのはちょっと無理でしょうね。福島にある法務省の超高層庁舎にはどれほどの機能があるものか。
まぁ、通常時から大阪が西日本をカバーするだけの機能+αで緊急時はどうにかなるような。ということで、あまりにも東京一極集中じゃだめ、ある程度東京大阪二極集中が効率とリスク回避を両立できるかと。

そういえば、緊急時に名古屋が首都になるって話は有名だけど、実質今あるものから考えれば、大阪のほうが現実的なような。
それとも、国鉄と同じように、国の機関ってのはどこもかもが大阪に権力があるのを嫌うのかな?

こればかりは詳しいことが分からないのでこれ以上はなにも言えない。

ただ、このまま大阪が衰退していくぐらいなら、難波宮跡に政府を置くぐらいのリスクを負っても良いような。
いくら遺跡を残すっていっても大都市の中心部に空き地じゃない。。。それに、遺跡なんか大阪都心には全部埋もれているわけだし。
そもそも、政府跡に政府を置いたって罰は当たるまい。土地の神様は首都復帰をよろこんでくれるでしょう。たぶん。。。

実は大阪って京都よりも歴史があるのに、昔から現代まで大都会であるがゆえに、ほとんどが埋もれてしまっていて発掘不可な状況。

まぁ、昔みたいに難波(なにわ)に副首都を置いてもいいんじゃないの?


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-09-05 00:46 | ニュース
<< 府知事の動き そごう!心斎橋!関西ウォーカー >>