「ほっ」と。キャンペーン
阪大病院跡地の再開発
大阪日日新聞:阪大病院跡地を再開発 超高層マンションやホールなど
c0041027_15304447.jpg 都市再生機構と関電不動産ら民間企業7社は7日、福島区の大阪大学病院跡地に50階建ての超高層マンションや多目的ホール、商業施設などを建てる再開発計画「水都・OSAKAαプロジェクト」を発表した。複合的な街として、オフィスや住宅だけでなく文化施設や情報発信機能などを整備。大阪の「都市再生の要」と位置付け、2008年の街開きを目指す。
 中之島西部地区対岸に位置する阪大病院跡地は、約2.1haの巨大エリア。09年春の開業を予定している京阪中之島新線の新駅にも近く、周辺では大阪市立科学館の建設、国立国際美術館の郊外からの移転など都市機能が充実してきた。計画を監修した建築家の安藤忠雄さんは、新エリアの開発で「生活と文化が融合する」とし、「散歩できる街」を目指し、川に面した部分に広場を設ける方針だ。
 新しい街は、朝日放送が新社屋を建設し移転するほか、1200人収容可能な多目的ホールやスーパーマーケットなどが入居する商業施設、高級賃貸マンションなどで構成。オリックス・リアルエステートを中心とする企業連合が建設中の50階建ての超高層マンションは、分譲と賃貸合わせ561戸で、08年6月の完成を予定している。総事業費は、朝日放送を除き約300億円。
日経ネット関西版:阪大病院跡に文化施設や超高層住宅建設─都市機構などが再開発計画、川べりの環境生かし街づくり

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-03-08 15:33 | ニュース
<< 大阪検定実施!? 大阪駅高架下改造中 >>