大阪検定実施!?
日経ネット関西版:「ご当地検定」大阪市も導入─観光振興へ07年度にも
 大阪市の関淳一市長は8日の市議会本会議で、観光振興策の一環として大阪の歴史や文化、慣習などにまつわる問題に挑戦してもらい、合格者に認定を与える「大阪検定(仮称)」を導入することを明らかにした。大阪観光コンベンション協会や大阪商工会議所、大阪府と協力し、2007年度にも実施する。
 04年にスタートした「京都・観光文化検定試験(京都検定)」をきっかけに、「ご当地検定で町おこしを」との動きが広がっており、関西では姫路市が今月12日に初の検定試験を実施する。
 大阪市は「観光ガイドの認定にもつなげる方策を検討したい」(集客観光課)と話し、タクシー運転手やホテル関係者らの受験を働きかける。
産経関西:大阪検定19年度実施へ、「職員厚遇」も出題へ!?(キャッシュ

前からやればいいのにと思っていました。
タイガースとかたこ焼きとかの問題だったら嫌だなぁ。
問題を作ってみました。
「中央公会堂は誰の寄付で建てられた?」 「中之島が属する区は?」 「市長公館の最寄り駅は?」
「天六から住之江公園駅まで地下鉄をどう乗り継ぐ?」 「大阪市内で一番高いビルは?また、その高さは何m?」
「解答用紙にある白地図に、本来の島之内の部分を塗りなさい。」 「日本生命の本店は大阪にある。○か×か。」
「梅田から天王寺に行くとき、御堂筋線とJR線を利用する場合、それぞれのメリット・デメリットをのべよ。」
「なにわ筋は一方通行である。○か×か。また、○なら、どちら向きか?」
「大阪城から南に延びる台地の名称は?」 「中之島の北側と南側、それぞれに流れる川の名前は?」
「次の地名を正しく読みなさい 放出 御幣島 靱 道修町 農人橋」
「次の地名を漢字で書きなさい いたちぼり くまた すおうまち ばくろうまち」
「JR北新地駅の壁には稲穂が描かれている。どうして?」

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-03-09 14:46 | ニュース
<< 阪神と阪急でピタパが定期券に 阪大病院跡地の再開発 >>