ICOCA・PiTaPaエリア拡大!
ICOCAが広島・岡山地区でも使用できるようになるそうですね。自動改札導入して。

PiTaPaは、7月からエリア拡大(南海、泉北高速、神戸高速、山陽、神戸新交通)、定期サービス(阪急、阪神、能勢電、北急)が始まります。

JR西日本:岡山・広島エリアへICカード乗車券「ICOCA」を導入します

大阪日日新聞:「イコカ」と「ピタパ」 利用範囲が大幅拡大へ
 JR西日本が発行する鉄道用ICカード「ICOCA(イコカ)」と、関西の私鉄・バスなどでつくる「スルッとKANSAI協議会」発行のICカード「PiTaPa(ピタパ)」の利用範囲が大幅に広がる。
 JR西日本は来夏、岡山・広島エリアにイコカを導入し、利用範囲を拡大。エリアは、山陽本線和気(岡山県)-南岩国(山口県)間の55駅のほか、赤穂線、津山線、吉備線、瀬戸大橋線、伯備線、福塩線、呉線、芸備線、阿部線の10路線135駅。現在利用可能な267駅と合わせ、402駅での利用が可能になる。
 来春からイコカ対応の自動改札機や入金機、券売機などを整備する。ただ、新幹線の改札での利用や、京阪神地区から岡山など地域をまたいでの利用はできない。
 一方、ピタパは7月から南海電気鉄道、泉北高速鉄道、神戸高速鉄道、神戸新交通、山陽電気鉄道が新たに導入。先行した阪急電鉄、京阪電気鉄道、能勢電鉄に加え、二月からは、大阪市営地下鉄、同市バス、阪神電気鉄道、大阪モノレール、北大阪急行電鉄、阪急バス、神姫バスでも使えるようになっており、エリアが京阪神地区から和歌山、姫路方面にまで大幅に拡大する。
中国地方を大阪色に染めてしまえw!
そして、その次は北陸だ!

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-05-27 22:42 | ニュース
<< 阿倍野歩道橋が架け替え 江之子島府庁跡を売却!? >>