天満天神繁昌亭が完成
天満天神繁昌亭

上方落語の”殿堂”、「天満天神繁昌亭」完工式(2006年08月08日 読売新聞)
 9月15日のオープンを目指して、上方落語協会などが大阪天満宮(大阪市北区)北隣に建設していた落語の定席「天満天神繁昌(はんじょう)亭」の完工式が、8日行われた。
 鉄筋3階建て延べ約590平方メートル。提灯(ちょうちん)約1200個が天井につるされた客席は1、2階計256席で、ヒノキ造りの舞台(高さ3.2メートル、幅7メートル、奥行き3.5メートル)との間隔を狭め、臨場感を演出している。落語家や地元商店街の関係者ら計200人と完成を祝った桂三枝・同協会長は「念願の寄席ができて、胸がいっぱい。先輩方が残していただいた上方落語を、この定席で我々が次につなげていかなければ」と涙を浮かべていた。

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-08-08 21:23 | ニュース
<< 阪神・阪急の動き 毎日放送、千里丘売却 >>