唯一のサウジ航空路線が開通
日本初のサウジアラビアとの定期航空便が関空に就航しました。
中東との路線は、アラブ首長国連邦のドバイ、サウジアラビアのリヤド・ジェッダ、カタールのドーハがあり、これらは成田にはない路線。

トラベルビジョン:サウジアラビア航空が就航、駐日大使は週4便までの増便希望を表明 [掲載日:2006/09/07]
 サウジアラビア王国のリアド、ジェッダと関西国際空港を結ぶサウジアラビア航空(SV)が9月6日、日本路線に就航した。初便は関空上空の気象状況に影響され、およそ一時間のディレイとなったが、エコノミークラスはほぼ満席で到着。就航記念セレモニーに、SV日本地区総支配人アリ・アルモワルド氏をはじめ、国土交通省関西空港長の高岡信氏などの来賓を迎え、テープカットや花束贈呈などが行われた。
 記念式典で挨拶に立った駐日サウジアラビア特別全権大使のファイサル・トラッド氏は、「私が2年前に日本大使として赴任して以来、日本とサウジアラビアの間にサウジアラビア航空を就航させることは夢だった。まさにその夢が、今、かなえられた。将来は週4便まで増やすことを希望している」と語り、今後の路線拡大への強い希望を示した
 また、トラッド大使は、日本とサウジアラビアの国交が昨年で50周年を迎え、サウジアラビアから日本への輸出高は2004年から05年の間に30%以上の増加を示したこと、石油を中心に220億ドル相当にのぼることなどを挙げ、両国の関係の重要性を強調。「今回の就航が両国の関係をさらに深めるきっかけとなるように願っている」と結んだ。
 これを受けて挨拶に立った関西国際空港・代表取締役会長の宮本一氏は、「この路線の就航により、観光ビザでサウジアラビアへ出かける日本人が増えることを期待」と述べ、ビジネス関係に加え、観光促進に大きな役割を果たすことを指摘した。
 初便に使用された機材はボーイングB400型機。座席はファーストクラス36席、ビジネスクラス32席、エコノミークラス290席の合計358席。機長を務めたキャプテン・ファハッド・ダハニ氏は関西空港について、「日本へ飛んだのは初めて。この空港は非常に着陸しやすく、着陸後の誘導体制もプロフェッショナルな印象を受けた」と初着陸の感想を語った

産経:サウジ航空リヤド・ジェッダ線 初の定期旅客便、関空着
 定期旅客便としては日本に初めての乗り入れとなるサウジアラビア航空のリヤド・ジェッダ線の初便が6日、関西国際空港に到着し、関係者が出席してテープカットなどのセレモニーが行われた。
 セレモニーには、ファイサル・トラッド駐日サウジアラビア大使や関空会社の宮本一会長らが出席。トラッド大使は「日本に定期便を就航させることができてうれしい」とあいさつした。
 関空-リヤド・ジェッダ線はマニラ経由で、関空着が水曜日午後6時35分、関空発が同8時5分の週1往復運航。ただし、関空-マニラ間だけを搭乗することはできない。

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-09-09 23:54 | ニュース
<< 大阪に支店がある外国銀行 データ・資料まとめ >>