堺ナンバー来月10日から
「堺」ナンバープレートは、堺製じゃなくて、大阪製か。まぁ、名古屋城の鯱が大阪製っていうことに比べたらどうってこともないか。

それにしても、反対があったりするが、なんで「堺」は嫌がられるのだろうか。今もってよく分からん。
どうせ、すぐ慣れるでしょう。

読売新聞:近畿で唯一、ご当地「堺ナンバー」の製造急ピッチ(2006年09月21日)
 車のナンバープレートに独自の地域名を表示する「ご当地ナンバー」が10月10日から導入されるのを前に、近畿で唯一認められた「堺ナンバー」の製造が大阪市住吉区の平和製罐(かん)で急ピッチで進められている。
 工場内には真新しい「堺」の文字が入ったプレートが次々と並べられた。今月19日からは希望番号の申し込みが開始され、府自家用自動車連合協会和泉事業所などに2日間で100台を超える申請があった。


産経:堺のご当地ナンバー受け付け開始 市「早く替えて」
 大阪唯一のご当地ナンバープレート「堺ナンバー」の導入を10月10日に控え、希望番号申し込みの受け付けが19日、始まった。地元の要望で実現した堺ナンバーだが、「慣れ親しんだ和泉ナンバーの方がいい」という市民も少なくない。堺市内28万台のナンバーがすべて入れ替わるには十数年かかる見込みで、堺市は「郷土愛をはぐくむためにも早く付け替えを」とイメージアップに懸命だ。
 大阪運輸支局和泉自動車登録事務所(和泉市)の窓口には、この日午前8時45分の業務開始前から約15人が並び、希望番号を申し込んだ。1日早く18日からスタートしたインターネットの受け付けでは約30件の予約申し込みがあり、まずまずの滑り出しだったという。
 堺ナンバーは、10月10日以降、同事務所で新車を新規登録するか、他地域からの編入や名義変更などの際に自動的に取得することになる。それ以外の場合でも、プレート代(普通車1440円)を負担すれば、堺ナンバーへの変更が可能。
 一方、「今のままがいい」という人は、車を手放すまでは和泉ナンバーで通すことができる。
 堺市企画部の担当者は、地元のイメージアップのためにも早期の付け替えを訴える。「市役所が率先してやらないと市民もやってくれない」と、公用車約700台を早急に堺ナンバーに切り替える方針だ。
 さらに、寄付を受けて市が所有するドイツ・BMWのクラシックカーコレクション全50台のうち、走行可能な7台に堺ナンバーをつけ、来月15日の堺まつりで展示。パレードで走らせることも検討しているという。
 こうした市のハッスルぶりに冷ややかな視線を送るのは地元自動車販売業界。泉オート販売社長で、堺自動車整備連合会副会長の斉木三典さんは「堺ナンバーはお客さんに評判が悪い」ときっぱり。「堺の名前を売るために利用されているみたいで面白くない」と反発する人が多いという。


関連:「堺」ナンバー誕生

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-09-21 23:55 | ニュース
<< さらに高い210mのマンションが!? 御堂筋沿いの再開発活発に >>