「ほっ」と。キャンペーン
A・Cゾーンに新しいロイヤルホテル?
北ヤードに新しいリーガロイヤルホテルをつくり、中之島のリーガロイヤルホテルも再開発する計画があるとか。

追加日経:大阪のリーガロイヤル建て替え、中之島再開発に弾み─複合ビルに、周辺施設と連携も(10月24日)
日経:ロイヤルホテルと森トラスト、大阪で新ホテル建設計画
日経:ロイヤルホテルと森トラスト、「リーガ」大阪に新ホテル─北ヤード候補、改築含め投資1000億円
 ロイヤルホテルと同社の筆頭株主の森トラストが大阪・中之島のリーガロイヤルホテルを建て替え、オフィスも併設したホテルとして再開発を計画していることが23日、明らかになった。両社は建て替えに先行して、梅田北ヤードを候補地に2011年開業をめざし新ホテルも建設する。全体の投資は1000億円規模の見通し。
 計画は2段階。まず森トラストが子会社のアーバンライフやオーストラリア銀行系の不動産ファンドなどと梅田北ヤードの先行開発区域(約2.3ha)に新ホテルの建設をめざす。地上25階建てで、延べ床面積3万5000平米。345室の客室やレストラン、宴会場を備え、現在のホテルの半分程度の機能を移す。客室の半分以上は平均50平米程度のスイートルームとして、外資系シティーホテル同様のゆったりとした造りを特徴とする。
 ただ北ヤードには森トラストのほか、三菱地所や三井不動産などをそれぞれ中心とする3グループも開発事業者として応札している。森トラストは選考に漏れた場合も中之島周辺などで用地を確保し、新ホテルを建設する。
 11年に新ホテルが完成した後、現在のホテルの約半分を取り壊し、15年ごろをメドにホテルのほか、オフィスや商業施設などが入居する複合ビルとして開業する。再開発地域の敷地面積は約3ha。

中之島のためには、森トラストが北ヤードの土地取得に失敗したほうがいいのかも(おいおい^^;)
しかし、規模が縮小される可能性も。

大阪に立派なホテルができることだし、その分、大阪のポテンシャルがさらに高まっていけば。

なお、北ヤードの先行開発区域については・・・

日経:梅田北ヤード再開発事業者、4企業連合が応募─A・Cゾーン、来月上旬にも選定(10月6日)
c0041027_2155561.gif JR大阪駅北側の梅田北ヤード再開発で先行開発区域の一部(約2.3ha)の開発事業者募集が5日に締め切られ、4組の企業連合が開発計画などを提出した。大手デベロッパーやゼネコンを中心とする各グループは商業施設やオフィスを含む複合ビル、高層マンションなどを開発する計画。事業審査と価格審査を経て、11月上旬にも事業者が決まる見通しだ。
 地権者の都市再生機構と鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)が共同募集したのは北ヤードのおよそ3分の1にあたる先行開発区域(約7ha)のうち、ナレッジ・キャピタルゾーン(Bゾーン)を除くA・Cゾーン。この日は予備審査を通過している三菱地所、三井不動産、森トラスト、住友不動産をそれぞれ代表とする企業連合が応募した。単独応募の住友不動産以外はいずれも不動産会社、商社、住宅メーカーなどと組んだ。


←お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-10-23 21:43 | ニュース
<< 大阪の産業はどうなる? 九州新幹線を大阪直通、そして梅田へ! >>