「ほっ」と。キャンペーン
北ヤードA・Cは三菱・阪急・オリックスに
梅田北ヤードの先行開発区域のA・Cゾーンの開発事業者が決定。
三菱地所、阪急電鉄、積水ハウス、オリックス、大林組、竹中工務店などの企業連合になったそうだ。
Bゾーンもオリックスだったし、先行開発地区はオリックスが勝ち取ったって感じか?
むしろ、Bゾーンを握ったオリックスによる一体的に開発というところも、評価につながったのかもしれない・・・

ケンプラッツ:【売買】三菱地所などが梅田北ヤードA・Cブロックを落札、延べ床22万m2超のビル建設へ
 三菱地所を代表とする企業連合は11月1日、JR大阪駅北口に広がる操車場跡地、梅田北ヤードのAブロック、Cブロックを落札した。2011年の竣工を目指して、店舗、オフィス、住宅、ホテルの複合施設を建設する。土地面積は合計で約2万3000m2、延べ床面積は3棟合計で約22万5000m2に達する。引き渡しは2007年6月の予定だ。
 三菱地所などは、駅前広場に面したAブロックに38階建てのオフィス・店舗複合ビルを建設し、Cブロックでは南半分に50階建ての分譲マンション、北半分に33階建てのホテル・賃貸マンション複合ビルを建設する。オフィスの延べ床面積は約7万6300平米、店舗の延べ床面積は約4万5300平米。分譲住宅の延べ床面積は約5万6300平米で600戸程度、賃貸住宅の延べ床面積は約1万7500平米で200戸程度の規模になる。ホテルの延べ床面積は約2万4500平米だ。このほか約5700平米をショールームなどの施設に充てる。
 大阪駅北ビルのオフィス部分の延べ床面積は約4万5000平米だから、A、Bブロックと合わせると、2011年には大阪駅北口だけで延べ床面積約20万平米のオフィス!・・・c0041027_020664.jpg
c0041027_0204021.jpg

なお、A・C地区開発を手がける企業連合は以下の通り
三菱地所、NTT都市開発、大阪駅北地区開発特定目的会社(オリックス・リアルエステート、新日鉄都市開発、住友商事、住友信託銀行、竹中工務店、東京建物、日本土地建物のSPC)、積水ハウス、ノースアセット特定目的会社(大林組のSPC)、阪急電鉄、メックデベロップメント有限会社(三菱地所のSPC)


日経:大阪駅前再開発、三菱地所企業連合が2000億円程度で落札
 関西の都心部開発として最大規模となるJR大阪駅北側の梅田北ヤード再開発で、先行区域の開発事業者が三菱地所や大林組などの企業連合に1日決まった。落札額は公表されていないが2000億円程度とみられ、周辺地価を大きく上回る単価になったもよう。高値落札は周辺の地価動向や事業採算に影響を及ぼす可能性がある。  都市再生機構と鉄道建設・運輸施設整備支援機構(旧日本鉄道建設公団)が1日、先行開発区域のメーンエリア(2.3ha)の開発事業者を選定。三菱地所、オリックス・リアルエステート、積水ハウス、阪急電鉄、大林組、竹中工務店など12社の企業連合が落札。

産経:オリックス連合に確定 梅田北ヤード先行開発区域
 JR大阪駅北側の貨物駅用地「梅田北ヤード」(約24ヘクタール)の再開発で、先行開発区域の事業者が、オリックス・リアルエステート(東京)、三菱地所などのグループに決まったことが1日、わかった。三井不動産、伊藤忠商事などのグループと最後まで争ったが、土地の入札価格がオリックスのグループが高かった。午後に正式発表する。
 今回決まったのは、先行開発区域(約7ヘクタール)を南北に3分割したうちの、北側Cゾーンと、南側のAゾーン。中央のBゾーンは研究開発施設を誘致する計画で、すでにオリックスのグループが事業者に決まっている。
 A、Cゾーンについては、土地の所有者が鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)で、10月上旬に事業者を募集、4グループの企業連合が事業計画と土地の入札価格を提示。事業案から2グループに絞り込んでいた。
 鉄道・運輸機構は、旧国鉄の債務を管理、返済しており、北ヤードの土地売却資金は、この債務返済に充てられる。
 事業者が出そろったことで、北ヤード開発が来年度の着工に向けて本格的に始動する。

関西経済連合会:大阪駅北地区先行開発区域A・Cブロック開発事業者決定について

あと、JRの大阪駅開発プロジェクトのページも更新されています。


↓特になんの意味もないような記事もありました
朝日:大阪都心部の行方
まぁ、森もつくって欲しいんだけど、そういうわけにもいかないので。

←お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-11-01 23:15 | ニュース
<< 北ヤード、都市・交通・運輸機構からも 北浜・大証のニュース >>