「ほっ」と。キャンペーン
北ヤード、都市・交通・運輸機構からも
昨日、梅田北ヤード先行開発区域のA・Cブロックの開発事業者が決まりましたが、 →A・Cは三菱・阪急・オリックスに
今日、UR都市機構、鉄道・運輸機構からもニュースリリースがでました。

UR都市機構西日本支社
   大阪駅北地区先行開発区域A・B・Cブロック開発事業者募集におけるA・Cブロック 開発事業予定者の決定について

Bブロックのナレッジキャピタル「創造の宮」が中心で、Aブロックはゲートゾーン、Cブロックはホスピタリティゾーンだそうだ。

A・B・Cブロックの全体計画図
c0041027_2153495.jpg
・地上には、水路とイチョウ並木、壁面緑化と屋上庭園
・歩行者回遊のハブ拠点となる大阪駅北口広場
・先行開発区域のまちづくりを2期開発、周辺地域との連携を図りながら拡張させていく「進化するエリアマネージメント」を展開し、持続的なまちの発展を実現
・賑わいを生み出すための公民連携による大阪北口広場、地下駐車場等の都市空
間・施設の一体的な管理運営

・Aブロック:地上38階・地下3階・高さ約179m

・大阪駅北口広場
  水都大阪のイメージを発信するような水と光を用いた地下と地上の一体化によ

・C南ブロック:地上50階・地下2階・高さ約173m

・C北ブロック:地上33階・地下3階・高さ約132m


産経:梅田北ヤード先行区域 高層ビル林立「創造の宮」 三菱地所連合が開発 (2006/11/02)
産経:梅田北ヤード 「丸の内手法」大阪にも 三菱地所、OAPの汚名返上 (2006/11/02)
産経:梅田北ヤード 夢膨らむ未来都市へ 百貨店、ホテル…商業施設 過剰懸念も (2006/11/02)
産経:再開発でも正面激突 「阪急・阪神 Vs JR西日本」 (2006/11/02)

読売新聞:梅田北ヤード、一体的開発に期待感(2006年11月2日)
読売新聞:梅田北ヤードA・C区画開発、積水や阪急など12社連合に決定
朝日:「最後の一等地」梅田北ヤード、先行開発区域事業者決定

←お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-11-02 21:00 | ニュース
<< 堺に国内最大サッカートレーニング場 北ヤードA・Cは三菱・阪急・オ... >>