吹田の中心は江坂に?-消防本部が移転
吹田市消防本部が、阪急吹田駅の近くの内本町1丁目から、御堂筋線・北急の江坂駅の近くの江坂町1丁目に移転しました。

やはり、吹田の中心地が、江坂になっているというのは、本当なのかもしれません。

吹田市消防本部消防本部・西消防署の移転のお知らせ

大阪日日新聞:吹田市消防本部、最新機能備え新庁舎が完成
 吹田市消防本部・消防団本部と同市西部地区を管轄する西消防署が入った新庁舎が、同市江坂町の大阪内環状線(国道479号)沿いに完成した。13日から本格的に業務を始める。
 新庁舎は地下1階地上8階建てで、延べ約7030平米。1986年に整備した同市内本町の指令システムや、71年から使用してきた同市垂水町の西消防署の庁舎がともに老朽化し、手狭になったことから、総工費約33億円をかけて2004年12月から工事を進めていた。
 阪神大震災クラスの地震にも耐え、防災拠点としての機能を維持できるよう府内の消防本部としては初めて基礎免震構造を採用した。
 同時に、高機能消防指令センターを導入。GPS(衛星利用測位システム)で車両の現在位置を管理することにより、災害場所の直近車両に出動要請が出せる▽防災ヘリコプターのカメラ映像をリアルタイムで受信し、被害状況が把握できる-などの機能を備え、現場到着までの時間短縮や大規模災害時の迅速な対応が期待できるという。


←お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-11-13 23:19 | ニュース
<< 中之島線駅名決定-お京阪のニュース 関空ニュース 「上下分離方式」に >>