市と府のイメージ戦略-マナカナにフリーペーパー
大阪市と大阪府が、大阪のイメージアップに取り組んでいます。

まずは大阪市

朝日:ツインパワーで大阪PR 茉奈・佳奈さん(2006年11月15日)
c0041027_17302951.jpg 大阪市生まれの双子のタレント、三倉茉奈(まな)さん(20)と佳奈(かな)さん(20)が、観光地としての市の魅力をPRする初代の「大阪観光大使」に選ばれ、14日、関淳一市長から委嘱状を手渡された。
 市は中国や韓国、台湾など東アジアを中心に、海外からの観光客の増加を狙っている。観光大使は、市のイベントに参加し、観光地・大阪のPRに一役買う。
 茉奈さんと佳奈さんは「生まれ育った大阪の土地やおいしい物が大好き。道頓堀や通天閣はもちろん、おしゃれなカフェが並ぶ堀江や梅田を海外に広めたい」。
 関市長は「都市型の魅力ある観光地を目指す市にとって、2人は強力な助っ人」と期待していた。
 写真=三倉茉奈さん(左)、佳奈さん(右)と関淳一市長

大阪市は、「OSAKA BB NET」なんてサイトもつくっています(最近は更新されてないけど)。

一応、市でもサミット誘致するってことになったようです。
大阪市:大阪市市長室 2008年 関西・大阪サミットの誘致

にしても、なんでも消極的な暗い市議達だ。結果的に失敗しても、誘致に意欲を見せることは重要では?
税金使う目立つイベントに反対さえしてれいば選挙に通るってわけじゃない・・・ってことを信じよう。
産経:「サミット誘致」大阪市会全会一致で可決も財政難で「簡素化」注文


そして、大阪府

計画されていた外国人向けのフリーペーパーが創刊したそうです。ちょっと遅いよ。
  →過去記事:府が誤解解消のためにフリーペーパー(2006-06-14)

c0041027_17511625.jpg大阪府:自治体初 海外向け広報紙(フリーペーパー)を創刊しました
「伝統文化、ものづくり、食など大阪の多彩な魅力を紹介し、大阪のブランドイメージを向上させるため」

ターゲットは、「海外、特に中国、韓国の大都市圏の日本に興味を持つ方々」や「訪日外国人」に、総合情報紙(フリーペーパー)を創刊。

・発行言語 : 英語(5万部)、中国語(5万部)、韓国・朝鮮語(2万5千部)
・紙面構成 : タブロイド版8面構成
・発行回数 : 年4回(次号 平成19年1月号(予定))
・配布予定先 :
  (海外)府海外事務所、在外公館日本広報文化センター、日本貿易振興機構海外事務所、国際定期旅客船、北京・上海・香港・ソウルの政府機関、日系企業、旅行代理店、大学 等
  (国内)関西国際空港、在阪領事館、府内観光案内所、国際観光振興機構、日本貿易振興機構、国際交流基金、フォーリンプレスセンター、外国特派員協会、ホテル、大学、留学生会館、大阪府国際交流財団、大阪国際交流センター、府立施設 等

紙面の記事は、こちらのサイトでみることができます→BRAND-NEW OSAKA(海外向け広報誌)

記事の内容は、
 ・大阪で生まれた20世紀最大の発明・インスタントラーメン-宇宙、池田の博物館
 ・大阪の食文化-懐石料理に、回転寿司まで。
 ・大阪観光-西梅田ツアー、ハービス
 ・なにわスタイルのおもてなし-世界クラスのホテルが集中
 ・大阪文化探訪-万博記念公園・国立民族学博物館
 ・観光情報-関西国際空港
 ・インタビュー-格闘技世界チャンピオン、大阪人の優しさを感じる
 ・大阪ダイナミズム-関空二本目滑走路、世界陸上2007、大阪サミット
 ・扇子「大阪ファン」を読者にプレゼント

日経:大阪府が海外向け無料誌創刊
日経:大阪府、自治体初の海外向けフリーペーパー創刊


難波宮や大阪城についてもそのうち取り上げてくれるかな。
今の国内でのイメージじゃすべて無駄になるので、まずは在阪テレビ局にも協力してもらわないと・・・吉本興業さんにもね。芸は変えなくて良いから、無意味な自虐ネタ(もはや自虐じゃない)はやめてくれ・・・

←お願いします。

【追記】
大阪日日新聞:海外客が大幅伸び 大阪市05年度観光動向調査
 大阪市は、2005五年度の観光動向調査をまとめた。同市を訪れて宿泊した観光ビジターは前年度比1.8%増の1043万人で、外国人の観光ビジターは15.8%増の138万人と大幅に増加した。
 調査は今年3月に38カ所の宿泊施設で行ったアンケート調査と、主要観光施設の来場者や交通機関の乗車人員などを基に1年間の総数を推計した。
 観光ビジターの総数は1億89万人で、前年度比9万人(0.1%)の微増。日帰りの観光ビジターについては約10万人減とわずかに減った。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや海遊館など大規模な集客施設の利用者は前年度並みだった。
 観光客が市内で消費した観光消費額は約1兆3209億円と前年度より約176億円減ったが、観光ビジターによる生産誘発効果は585億円増の約2兆423億円だった。所得効果は8787億円と試算している。
 市は外国人のビジター増加について、愛知万博(愛・地球博)開催と、それに伴う韓国、台湾の短期滞在者に対するビザ免除、中国からの団体観光旅行のビザ発給対象地域の拡大が要因とみている。

[PR]
by nakano-shima | 2006-11-17 17:38 | ニュース
<< なんばパークス2期、来年4月オープン 最古の迎賓館!? 難波宮跡で高... >>