後期難波宮から築地塀と鬼瓦
朝日:後期難波宮跡 基壇状遺構と瓦出土(2006年12月21日)
c0041027_22413467.jpg 難波宮跡公園(大阪市中央区法円坂1丁目)を発掘調査している市教委と市文化財協会は20日、後期難波宮の朝堂院跡西側から、建物の土台となる基壇状の遺構が見つかった、と発表した。周辺では、ほぼ完全な形をした鬼瓦を含む多数の瓦が出土しており、瓦ぶきの屋根のある築地塀(ついじべい)の跡と推定した。同市教委は、この築地塀に囲まれた格式の高い施設が別にあった可能性がある、としている。
 後期難波宮は、744年から約1年置かれた都だが、宮の造営は726年に始まり、宮殿建物は784年まで存続した。
 調査結果によると、築地塀とみられる遺構は、すでに確認されている五間門(ごけんもん)の南側で出土した。長さ16メートル以上、幅5メートル以上にわたって南北方向に地山を削り、周辺より高くしてあった。塀の高さは最高で約4メートルと推定される。
 遺構の西側からは、「重圏文(じゅうけんもん)」という同心円や弧線模様のある後期難波宮独特の瓦が十数点出土した。この中には、難波宮で数例目となる、ほぼ完全な形の重圏文鬼瓦(幅約33センチ、高さ約25センチ、厚さ約6センチ)もあった。築地塀の屋根に使われたらしい。
 朝堂院は役人が儀式や政治をする場所。平安宮(京都)では朝堂院の西隣に「豊楽院」という宴会を伴う儀式をする格式の高い施設があった。後期難波宮と同時期に造営された平城宮(奈良)にも同様の施設が存在したことから、今回も築地塀の近くに同じタイプの施設があった可能性があるという。
 現地説明会は23日午後1時半~3時半。
問い合わせは市文化財協会(06-6943-6836)へ。
大阪日日新聞:築地塀の「基壇」遺構? 難波宮跡・宮殿構造知る手掛かり
読売新聞:難波宮跡で築地塀跡が出土(2006年12月21日) (キャッシュ
[PR]
by nakano-shima | 2006-12-21 22:42 | ニュース
<< ドイツ・クリスマスマーケット 交通局本当に民営化するの? >>