毎日放送が本社ビル増築?
日刊建設工業新聞:毎日放送/本社ビル増築を計画/北側隣接地取得、来年着工へ
 毎日放送(大阪市北区茶屋町17の1)が、本社北側の隣接地を昨年買収し、本社ビルの増築計画を進めていることが明らかになった。場所は茶屋町18の21で、現在は豊崎ビルが立っている。早ければ、来年にも現在のビルを解体し、増築工事に着手する模様だ。
 毎日放送が、堂島にあった本社機能と、吹田市にあった千里丘放送センターの報道・制作機能などを移転・集約し、現在の茶屋町に「毎日放送本社ビル」を開設したのは90年。本社ビルは15階建てで、日建設計が設計し、大林組・竹中工務店JVが施工した。
 毎日放送は、豊崎ビルが立っている用地を栄泉不動産から取得。豊崎ビルは、地下1階地上9階建て延べ約1万1000平方メートルの規模で、現在は約30のテナントが入居しているが、今後、順次移転することになる。すでに2社が転出済み。増築するビルの規模などは、今のところ明らかになっていないが、同社の本社ビルを含め、茶屋町かいわいにある多くの建物と同様、総合設計制度を活用し、ビルを高層化する可能性もある。

豊崎ビルの場所はここです。池田銀行の梅田本部の隣ですね。
[PR]
by nakano-shima | 2007-01-08 20:13 | ニュース
<< 市が世界陸上特設サイト開設 阪大、北ヤードに研究所 >>