四つ橋線北伸が実現へ?
四つ橋線北伸計画について、大阪市がやる気を示しました。
技術的に問題がなければ、北ヤード2期の完成と同時に開業を目指すとか。

朝日:北ヤード新線、15年にも開業 地下鉄西梅田・十三間(2007年02月07日)
 阪急電鉄や大阪市が計画している同市営地下鉄西梅田―北ヤード(梅田貨物駅)―阪急十三間の新線計画で、早ければ2015年春と見込まれる北ヤード2期工事の完成にあわせた開業を目指すことで、関係者が一致したことが6日分かった。今後、技術的な課題を克服し、市議会などの理解を得られれば、早期着工、開業が実現することになりそうだ。
 同市の関淳一市長は6日、朝日新聞の取材に対し「北ヤードの2期工事と同時に(新線を)完成させたい」との見解を明らかにした。同時並行させる理由については「(時期がずれることで)工事を2回することは避けたい」とし、建設費の抑制を挙げた。
 国土交通省は2期工事の完成時期を最短で15年春と想定し、同時期の開業を目指している。阪急阪神ホールディングスの角和夫社長も、新線を2期工事にあわせて整備する方針を公言しており、3者が早期開業に向けて一致した形だ。
 北ヤードでは新線とは別に、JR東海道支線を移して新駅を置く計画もあり、2期工事の完成までに終える方向だ。2路線を同時期に建設して、工事費を削減する狙いもありそうだ。
 新線は2.9キロで、建設費は約900億円と試算され、同市の初期負担は最大300億円程度になる見通しだ。それだけに、同市の判断が計画を左右するとされてきた。

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-02-08 23:36 | ニュース
<< 市が東洋初のロボット「学天則」を復元 御堂筋・本町に外資系高級ホテル... >>