「ほっ」と。キャンペーン
温家宝、大阪で会談
日経:温家宝首相「関西とは悠久の往来」──政界・経済界と夕食会、「密接な地域で親しみ感じる」

朝日:温家宝首相、関西政財界の要人と会談 大阪(2007年04月13日)
 中国の温家宝首相は13日夕、大阪市内で大阪府の太田房江知事や関西経済連合会の秋山喜久会長ら関西政財界の要人と会談し、訪日の全日程を終えた。温首相は「今後の中日関係で、関西が先導役になるよう期待している」と述べ、人的交流を通して、関西圏と中国との経済的結びつきが強まることに期待を示した。
 会談の冒頭、太田知事が「関西は、日中国交正常化以前に中国に経済界のミッションを出すなど、現在の活発な経済交流の基礎をつくった」とあいさつ。これに対して温首相は「歴史的往来からみて、関西地域は重要な位置を占めている」と応じた。
 会談後の歓迎夕食会のスピーチで、温首相は「春がやって来て、陽光まぶしく、桜の花が咲き誇っている。氷と雪は解けました」という意味の自作の詩を披露。訪日の成果を強調し、今夏に神戸で開かれる世界華商大会などを控え、友好ムードを高めて訪日を締めくくった。


大阪空港から帰国しました。

熊本日日新聞:友好ムード盛り上げ帰国 中国首相、野球や農家視察
[PR]
by nakano-shima | 2007-04-13 23:55 | ニュース
<< 地下鉄梅田・天王寺駅で駅ナカ 天満橋駅、八軒家浜船着場に直通... >>