「ほっ」と。キャンペーン
OTSがやっと値下げへ
asahi.com:OTS線が今夏にも大幅値下げ 大阪市三セク
 大阪市の第三セクター「大阪港トランスポートシステム」が大阪港の人工島咲洲(さきしま)で運行するOTS線(南港・港区連絡線)について、市は今夏にも市営地下鉄の運賃体系に組み込んで値下げする方針を固めた。近く国土交通省に手続きを申請して認められる見通しで、地下鉄と乗り継ぐ場合、210~250円の値下げになる。咲洲には市の広大な分譲用地が売れ残っており、大幅値下げで企業誘致につなげたい考え。市は05年度予算案に60億円余りを計上する。
 OTS線は97年に開業し、大阪港-中ふ頭駅間の3.7キロを230円で運行している。
 しかし、大阪都心のキタやミナミからは別料金の地下鉄を乗り継ぐ必要があり、例えば、地下鉄の梅田駅からトレードセンター前駅まで480円▽なんば駅から住之江公園駅経由で520円と割高だった。
 大阪市は地下鉄と事実上、一体化させるため、鉄道事業の許可変更の手続きを取る。これにより、梅田駅やなんば駅からいずれも270円になる。
 市交通局は、事業の許可変更に伴い、「OTS」社が所有している車両や電気設備を購入する。このため、05年度予算案に車両などの購入費として約60億円▽線路使用料などの運営費として1億円程度を計上する方針。同社は線路を保有するだけになる。
 昨年度のOTS線利用客は1日約3万2千人で、開業前の想定の6割弱にとどまった。開業7年で108億円の累積赤字がある。
 咲洲北部の分譲用地コスモスクエア地区(86ha)は20ha以上売れ残っている。市幹部は「値下げが実現すれば通勤や通学に利用しやすくなり、企業だけでなくマンションや学校の誘致も可能になる。地盤沈下が続く大阪経済にとっても極めて有効だ」と話した。
(2005/02/07)

やっと値下げか。。。今までがあり得ないほど高かったからなぁ。。。
でも、今度は逆に値下げしすぎだろ。利用客は増えるだろうけど、増えた分より値下げの方が大きくて、収益経るんじゃないかと少し心配。。。
普通の地下鉄と同じ料金にしなくても、ほんの数十円高いってぐらいにしないと、他の路線とは不公平でしょ?
御堂筋沿線の住民は、常に混んでる車両に乗らなきゃ行けないのに、他の路線と同じ料金ってのも、なんとも不公平だよな。。。。
ちなみに、御堂筋線は259億円の黒字らしいです。はたして本当だろうか、いや本当に違いない。(反語)
[PR]
by nakano-shima | 2005-02-07 22:59 | ニュース
<< 新阪急梅田ビル(仮称) 通天閣 >>