新大阪駅改良&阪急再開発ビル
新大阪駅新幹線ホーム増設と阪急による再開発計画が具体的に発表されました。
 去年の発表→新大阪駅改良-阪急の新線は?(2006-02-23)

JR東海:新幹線新大阪駅におけるホーム増設等の改良工事着手について

26番線の北側に線路1線とホーム1面を増設し27番線を新設(平成24年度末完成予定)。さらに引き上げ線も増設。
こんな感じになります↓c0041027_0201477.jpg
また、コンコース3階の整備も行い、「(仮称)新大阪阪急ビル」と接続されます。

その「(仮称)新大阪阪急ビル」の計画はこんな感じ。

阪急電鉄:新大阪駅北側の阪急電鉄用地における「(仮称)新大阪阪急ビル」の開発計画について(PDF)
場所は、新大阪と十三を結ぶ新大阪新線(予定)の終点部分。
c0041027_025269.jpg

建物は、地上18階、高さ約80mの予定で、低・中層階にはバスターミナル・店舗・オフィス、高層階にはホテルが入る予定。c0041027_0293177.jpg

朝日:新大阪駅北口に阪急の再開発ビル 新幹線ホームも増設2007年07月09日
 阪急電鉄は9日、JR東海が計画している新大阪駅新幹線ホームの増設にあわせ、阪急が所有する同駅北側の土地にオフィス、ホテルなどが入る再開発ビルを建設する、と発表した。敷地面積約4100平方メートルに高さ約80メートル、地上18階建ての高層ビルを建てる計画で、ビルの3階部分と新大阪駅の3階コンコース部分を直結させ、利便性の向上も図る。
 新ビルの名称は「新大阪阪急ビル」(仮称)で、延べ床面積は約3万6千平方メートルとなる見通し。08年に着工し、11年の完成を予定している。
 低層階から中層階にオフィスや商業テナントなどが入居し、上層部には阪急系列の客室数300のホテルが進出する。1階部分には新大阪駅北西にあるバスターミナルを移設し、拡張する。
 一方、JR東海は同日、新大阪駅の新幹線ホームを1面増設し、27番線を新設する、と発表した。阪急電鉄が同駅北側に所有する土地の一部を購入し、12年度末の使用開始を目指し工事を進める。ホーム増設により、現在、1時間に最大8本運行しているのぞみ号が最大10本まで増発できると同社は見込んでいる。


←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-07-10 00:30 | ニュース
<< 去年度の市営地下鉄・バス決算見込み 阪大がトップ グローバルCOE... >>