「ほっ」と。キャンペーン
大阪のおばちゃんCM静岡事件w
1月30日の記事:静岡で大阪のおばちゃんのCMが。。。

スポニチアネックスOSAKA:振り込め詐欺CMで大阪府が静岡県に抗議! イメージダウンや!
◆ 大阪のオバちゃん「誇張しすぎ」 ◆
 振り込め詐欺を未然に防ぐため、静岡県が「大阪のおばちゃん」を起用して制作したCMをめぐり大阪府が同県に“抗議”していたことが10日、分かった。CMは、振り込め詐欺の被害が少ない、しっかり者の”大阪のおばちゃん”が注意を呼びかけているもので、放映後は同県内の被害件数は減少し効果は抜群だったが、「誇張しすぎ」と苦情があったことから府の職員が同県に出向いた。一方、福井県警は振り込め詐欺の手口を再現したドラマを福井弁を話す俳優を使い制作。各地それぞれ、あの手この手で対応を考えている。
◆ 府の職員がわざわざ ◆
 問題のCMは3人組の“大阪のおばちゃん”が登場。大阪の名所、道頓堀川の橋の上から「大阪はオレオレ詐欺の被害がめっちゃ少ないんやで」「さすが大阪や、静岡の人も気つけや。すぐにお金を振り込めって電話、あれ詐欺やで」とテンポよく訴えている。
 ひったくりや車荒らしの被害がワーストの大阪府にあって、振り込め詐欺の被害は全国のわずか1%。そんな実績から大阪のおばちゃんが起用されたもので、昨年12月10日から1カ月間の放映中は大変話題になり、マスコミも取り上げて全国に紹介された。
 効果は抜群で昨年11月は12件あった静岡県内の被害が12月は8件。そのうち4件がCM放映前の10日以前だった。ただ「イメージダウンだ」「あんなしゃべり方はしない」といった苦情が数件、大阪府に寄せられたことから9日、西井忠好広報報道課長らが静岡県広報室を訪れた。
 「効果もあったようで、CMそのものを否定しているわけではありません。ただ、がめつい、たこ焼きといったイメージだけではない、クールな大阪を売り出していこうとしているので、そのようなお話をさせてもらいました」と、西井課長は”クレーム”ではないことを強調。静岡県広報室は「“大阪のおばちゃん”という言葉はCMで一言も言ってないのですが…」と少々困惑気味だ。
 一方“主役”となった出演したおばちゃんは「どこがイメージダウンやの?効果があったしアピールするならともかく何で抗議に行くの?」と首をかしげている。
ついに抗議にまで。。。(焦w)
まぁ、確かに府への苦情もあったから仕方ないような。それほど大阪府も馬鹿騒ぎしているわけではないのでこれぐらいならいっか。
静岡県側は「“大阪のおばちゃん”という言葉はCMで一言も言ってないのですが…」と言いつつ、ばっちりCM中でおばちゃんは「さすが大阪や!」って言ってるし、撮影は道頓堀と濃い。正直、このCMは大阪人でも見たら驚きますよ。強烈すぎて。関西のCMはベタなのが多かったりしますが、これは強烈すぎだと思うが。。。
そして、当のおばちゃんは首をかしげている。。。いや、この人ら無神経すぎやって。あんたら正直下品やで。。。
まぁ、結局は静岡の被害が減ったから良いと思うんですけどね。
この機会に大阪府は静岡県と協力して観光キャンペーンでもすれば良いんじゃないでしょうか?物事は前向きに。

スポニチアネックス:「イメージダウンや」静岡県に“抗議”
サンスポ:大阪のおばちゃんら猛抗議「そんな下品やないで~」
[PR]
by nakano-shima | 2005-02-11 22:45 | ニュース
<< 大和川の水質改善!? 関大が高槻に高層キャンパス >>