近鉄阿倍野が広さ日本一、高さ日本一に
近鉄からものすごい計画が発表されました。

とりあえず、このニュースリリースをご覧ください↓
近鉄ニュースリリース:阿部野橋ターミナルビル整備計画について(PDF)

阿倍野の近鉄百貨店が日本一の高さ、約300mの超高層に建て替えられ、百貨店として最大の広さになります。
ビルには、オフィス、美術館、ホテルなども入る予定です。

----要約----

~広さ日本一の百貨店、国際級ホテル、最先端オフィスを擁する、高さ日本一の超高層複合ビルを建設します~

c0041027_22321179.jpg・近鉄では、大阪阿部野橋駅および近鉄百貨店阿倍野本店として利用する阿部野橋ターミナルビルの旧館部分について、建替えを検討してきた。
・都市再生特別措置法に定める「都市再生特別地区」の都市計画に関する協議を大阪市と始めた。

・「アベノ」は、近鉄・地下鉄・JRなどが乗り入れ、1日の乗降客数約80万人を誇る、「キタ」、「ミナミ」に次ぐ大阪の中心地で、近鉄最大のターミナル。

・地区の都市機能やイメージを飛躍的に向上させるインパクトのあるプロジェクトとして、高さ約300メートル、日本一の超高層複合ビルを建設することとした。

・タワー館(仮称)は、地下5階地上59階、延床面積約21万平方メートル。

・低層階に営業面積日本一の百貨店を配置

・中層階には大阪でも有数のフロア面積を誇るオフィス

・高層階には大阪で最高層に位置する国際級ホテルを導入

・加えて美術館や、展望台を設置することにより、南大阪エリアの新しい文化・観光拠点の形成を図る。

・建物には、複数の屋上緑化施設を配置することで、街の景観の向上を図る。

・低層階では新たな公共的空間の確保と歩行者回遊ネットワークの整備を行い、建物周辺への人の流れを円滑にすることで、地区の賑わいを創出。

--------

【参照】
東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行:阿倍野橋ターミナルビル整備計画 日本最高の高さ300m!


【報道】
・読売新聞:近鉄が高さ日本一の超高層ビル…地上59階、約300m
・日経:近鉄、高さ日本一の超高層ビル建設・2014年、大阪市阿倍野区に
・朝日:近鉄が大阪・阿部野橋で大規模再開発、百貨店を広さ日本一に
・世界日報(ロイター):近鉄が大阪・阿部野橋で大規模再開発、百貨店を広さ日本一に
・京都新聞:近鉄百阿倍野本店、高さ日本一に 横浜ランドマーク抜く


←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-08-08 22:45 | ニュース
<< 「阪神なんば線」-延伸後の西大阪線 関空、第二滑走路オープン! >>