大阪駅-仮駅舎フロートコート3/1から
c0041027_19584024.jpg京都新聞:商業施設「フロートコート」が開業 JR大阪駅前 3月1日から
 JR西日本は3月1日、全面改良工事を進めているJR大阪駅前で、商業施設「フロートコート」を開業する。衣料品店や飲食店、インターネットカフェなど17店が出店し、改良工事が終わる2011年まで仮施設として運営する。
 現在、市バスとタクシー乗り場になっている駅前広場東側の上空を有効活用して建設した。1階は乗り場として利用し、2階と1階の一部が店舗となる。
 施設は鉄骨造り2階建て、店舗面積は約2300平方メートル。ワールドが出店する衣料・雑貨品店「BeeZip(ビージップ)」は関西初進出の大人向け男女アパレル「スティミュラス」など計5ブランドを展開する。
 ほかにもJR西子会社直営コンビニ「ハート・イン」やインターネットカフェ「X-TIME」、「回転寿司がんこ」など計17店が進出する。事業費は約5億5000万円。年間売上高は約24億円を見込んでいる。

JR西日本ニュース:大阪駅改良に伴う仮駅のオープン
日経ネット関西版:大阪駅、仮駅舎が3月開業──飲食や物販18店入居

JR西日本ビルト:ビルト作品-大阪駅ハートイン

昼に前を通りかかったのですが、今日はどうも関係者のみ入れるようでした。関係者や報道機関の取材はOKっていうことでしょうか。
そういえばアクティ大阪のバーバリーのパネルのコーナーがあったり、内装が明るくなったり、書店・ファンケル・いかりスーパーと御堂筋口はおしゃれになってきましたね。
このフロートコートは東側の仮駅舎。西側のトラベルコートのオープンはもう少し先のようです。大阪駅が生まれ変わるのは良いことだと思うのですが工事中がひたすら続くということですよね。
大阪駅はホームの切り替えなどもあるようなので、また追って記事を書いていきたいと思います。


人気blogランキングへ←クリックして知名度アップにご協力お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-02-25 20:09 | ニュース
<< 大阪駅-ホーム完成1 ”直木賞”の直木三十五記念館が開館 >>