ほたるまち
福島1丁目(旧・堂島浜通)の阪大病院跡地は、東側にすでに「中之島合同庁舎」が完成していますが、
再開発中だった西側の「ほたるまち」も完成し、街開きが行われました。

「水都・OSAKAαプロジェクト」として進められていましたが、3月に「ほたるまち」になると発表されていました。
水都・OSAKA αプロジェクト(阪大病院跡地再開発)まちの名前は「ほたるまち」(PDF)

「朝日放送新社屋」「ABCホール」、多目的ホールの「堂島リバーフォーラム」、50階建ての超高層マンション「The Tower Osaka」、高級賃貸レジデンス「RIVER RESIDENCE DOJIMA」、商業施設「堂島クロスウォーク」、そして、福島港(ほたるまち港)も開設され、

福沢諭吉生誕の地ということで、「慶應大阪リバーサイドキャンパス」も開設され、今後は「大阪芸術大学ほたるまちキャンパス」も開設される予定です。

MSN産経:水都・大阪の新スポット、「ほたるまち」オープン(2008.5.2 11:43)
c0041027_9452789.jpg 都心の水辺をテーマに整備されていた大阪市福島区の再開発地域「ほたるまち」が2日、まちびらきを行った。超高層マンションや多目的ホールが完成したほか、川面を見渡すカフェが営業をはじめるなど、水都・大阪の新スポットとして早くもにぎわいを見せている。
 一帯は大阪大医学部付属病院の跡地で、広さ約2・1ヘクタール。堂島川を挟んで中之島と向かい合う立地から、散策が楽しめるデッキや船着き場を設置。水辺のいこいの場を創出する一方で、朝日放送の新社屋や多目的ホール「堂島リバーフォーラム」など新たな文化・情報発信機能も期待される。
 この日は関係者らによるテープカットの後、今月下旬に入居が始まる地上50階建て約170メートルの超高層マンションの内部などが報道陣に公開された。また、まちびらきを記念し、ABCホールで「中之島演劇祭2008」などのイベントが始まる。
 ほたるまちは都市再生機構や朝日放送など8社による水都・OSAKAαプロジェクト推進協議会が再開発。今後、慶応大と大阪芸術大の遠隔講義施設や、商業施設などが順次、整備される。

梅田経済新聞:複合拠点「ほたるまち」が街開き-「水都・大阪」再生のシンボルに
朝日新聞:慶応大、大阪・福島でキャンパス開き 諭吉生誕の地


←お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2008-05-05 09:50 | ニュース
<< 住友倉庫、南堀江再開発 八軒家浜の1期区間完成し開港! >>