「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ニュース( 341 )
富国生命ビルの概要発表!
皆様ご存知の通り、梅田の「大阪富国生命ビル」が建て替えられます。

 ※(在りし日の)富国生命ビルの写真は過去記事にあります。
     →梅田の富国生命ビル建替(2006-01-13)
     →阪急と富国生命(2006-01-17)

現在、テナントの立ち退きも終わり、現在、解体工事に向けての準備が始まっています。

そして、ついに、フコク生命から、新しいビルについての詳細が発表されました。



富国生命:生まれ変わる大阪富国生命ビル(PDF)(11月15日)

c0041027_1411131.jpg
ずばり、デザインは右の通り→

デザインは、昨年には阪大工学研究科の招聘教授に就任したフランス人建築家、ドミニク・ペローによるもの。

 所在地:大阪市北区小松原町2番4号
 敷地面積:約3,900平米、延床面積:約62,400平米
 階数:地下4階、地上28階、塔屋1階
 高さ:約133メートル
 工期(予定):2007年11月 解体工事着工 ~ 2010年下期 竣工


・6~27階の22層に、1フロア当たり延床面積2,000平米を超えるオフィス
・西日本最大のターミナル、富国生命の西のランドマークの再開発計画に相応しい洗練されたデザインと最新の設備
・地下2階(地下1階吹き抜け)と1階部分には、飲食店舗を中心とした商業店舗を配置し、周辺の地下街や商店街と協調
・Low-e ガラスの採用や屋上緑化など環境に配慮した計画とし、CASBEE-S クラスの取得を予定
c0041027_1502156.jpg
・待ち合わせや憩いの空間として、地下街と本建物が接続する地下2階から6層吹き抜けのアトリウム空間に「フコク生命(いのち)の森」を整備。

・大阪大学との産学連携活動の支援施設
「食」と「植」のポテンシャルを活用した「心身ともに健全なる生活設計と健康づくり」をテーマとして、大阪大学先端科学イノベーションセンターおよび工学研究科フロンティア研究センター等との共同研究プロジェクトを行う企業の拠点。
総合プロデュースは、大阪大学大学院工学研究科 小林昭雄教授を中心とする作業グループが行い、中核企業としてアサヒビール株式会社が参画。

・京都造形芸術大学「大阪サテライト(仮称)」
芸術を「見る」「知る」「学ぶ」をキーワードに、大阪市を中心とした広域関西圏に開かれた芸術教育の拠点となる。

・(仮称)立命館アカデメイア@梅田
立命館学園(学校法人立命館)の大阪における新たな教育・研究拠点。
特に、近年アジアにおけるビジネス交流が活発化している中国と大阪を中心とす
る関西経済圏との架け橋となる人材の育成を目指します。
「大学院の展開」:経営大学院(経営管理研究科)、MOT 大学院(テクノロジー・マネジメント研究科)
「各種講座開設」:市民対象の社会開放型「教養講座」や、中国の大学と連携した学術講座、関西社会人大学院連合・専門セミナーなど。中国の大学との連携を正課教育レベルまで高めた、大学院連携プログラム(単位互換、教員の相互派遣、共同学位プログラム開発など)の実施。



以上。
[PR]
by nakano-shima | 2007-11-21 01:59 | ニュース
アジア主要都市サミット開催中
大阪において、「世界・アジアウィーク」として様々なイベント・会議が開催中です。

昨日(25日)・今日(26日)には、「アジア主要都市サミット」を開催。

アジア主要都市サミット|Asia Metropolis Summit|

アジアの主要都市の代表者間で意見交換等が行われます。


産経:アジア主要都市サミット開幕 大阪
 大阪や中国・北京、韓国・ソウルなどアジアの主要都市の代表が一堂に会する「アジア主要都市サミット」が25日午前、大阪市北区の大阪国際会議場で始まった。26日まで開かれ、アジア主要都市間の交流、連携を深めるため、各都市の取り組みなどについて意見を交わす。最終日には共同宣言をまとめる予定。
 大阪府や大阪市、堺市、関西経済連合会、関西経済同友会などで組織する実行委員会が主催し、初めて企画した。北京やソウルのほか、中国・上海やタイ・バンコクなど6カ国11都市の首長らが参加。国内からは大阪府や京都府、大阪市など近畿の3府県4市の知事や市長らが出席した。
 開会式で、大阪府の太田房江知事が「都市間の強固なネットワークをつくり、アジアと世界の発展に資するようにしたい」とあいさつ。北京やバンコクなどの代表が交流をテーマに課題などを報告した。また、大阪府とベトナム・ホーチミン市の友好都市提携の調印式も行われた。

[PR]
by nakano-shima | 2007-10-26 01:06 | ニュース
新大阪-鹿児島中央、直通を発表
JR西日本:山陽新幹線と九州新幹線との相互直通運転の実施について
 
 相互直通運転の実施区間
  山陽新幹線(新大阪駅)~九州新幹線(鹿児島中央駅)

 開始時期
  九州新幹線博多~新八代間(平成22年度末 完成予定)の営業運転開始時

 到達時間(最速の想定)
  新大阪~熊本間(約3時間20分)
  新大阪~鹿児島中央間(約4時間)
c0041027_0224443.gif

【関連記事】
 ・九州新幹線大阪乗り入れ実現!?[2006-11-25]
 ・九州新幹線を大阪直通、そして梅田へ![2006-10-22]

【報道】
 ・毎日:新幹線:大阪-鹿児島、4時間で直通運転 11年の開通時
 ・日経:新大阪―鹿児島中央4時間・新幹線直通運転へ

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-10-18 00:29 | ニュース
阪大+外大→阪大
1日、大阪大学大阪外国語大学が統合しました。

今回、阪大と外大が統合したことにより、府下に3つあった国立大学が、大阪大学と大阪教育大学の2つに。


統合によって、外大はそれぞれ以下の通り、阪大の一部となりました。

・外国語学部→外国語学部、法学部国際公共政策学科

・大学院言語社会研究科→大学院言語文化研究科言語社会専攻、文学研究科文化動態論専攻、人間科学研究科グローバル人間学専攻

・外大キャンパス→阪大「箕面キャンパス」

なお、阪大は学生数(学部生数)が国立大学で最大となり、国立総合大学としては唯一、外国語学部を有する大学に。

大阪大学
 ・大阪大学・大阪外国語大学統合記念式典挙行 (2007/10/1)
 ・箕面キャンパス校名看板除幕式の実施 (2007/10/1)


阪大には、「吹田キャンパス」と「豊中キャンパス」、そして「箕面キャンパス」があります。

本部は吹田にあり、それぞれの学部・研究科の所在地を大まかに表すと(研究科は一部省略)、
 吹田:医、工、歯、薬、人科
 豊中:法、経済、文、基礎工、理
 箕面:外
といった感じ。

学部にかかわらず、1回生は豊中で共通教育(一般教養)を学びます。
外国語学部の1回生も来年からは豊中で過ごすことになるわけです。

なお、生協の合併はまだ完了していません。

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-10-03 00:01 | ニュース
関空、8月の国際線発着回数が過去最高
貨物が絶好調な関空ですが、旅客もかなり好調なようです。

日経:関空の国際線発着、単月で最高に――8月7040回、2期開業で伸び(2007/09/27配信)
 関西国際空港会社は26日、第2滑走路の使用を始めた8月の国際線発着回数が月間で過去最高だったと発表した。週間ピーク便数、訪日外国人客数、出国ゲート内の免税店売上高も同様の記録を達成。2期開業効果が早速表れた格好だ。
 8月の国際線発着回数は7040回(速報値)で、これまで最高だった今年7月の6774回を約4%上回った。週あたりのピーク便数も最高だった7月の771便を11便上回り、782便。完全24時間空港化をにらんだ貨物便増便や中国路線拡充による観光・ビジネス客の増加が寄与した。
 訪日外国人客数は31万4900人(同)。アジアやオーストラリアへの新規路線・増便効果に加え、8月末に大阪市で開かれた世界陸上選手権に約7000人の大会関係者のほか報道陣や陸上ファンが多数訪れた影響が出たとみている。
 2000年から店舗を整備している免税店の売り上げも初めて月20億円に達した。中国路線の拡充で中国の富裕層が増え、海外高級ブランド品を中心とした免税品の売り上げを押し上げたとみられる。


また、府は関空の「国際貨物ハブ空港」化のために奨励金を貨物にも拡大する。

日経:関空貨物便にも奨励金、太田知事表明──10月末から、新規就航を開拓 (2007/09/28)
 大阪府など地元自治体や関西経済界などでつくる「関西国際空港全体構想促進協議会」(促進協)が、国際線の旅客便に限って支給してきた就航奨励金を10月末から貨物便にも拡大する。関空への貨物便の新規就航を開拓する。27日の大阪府議会の答弁で太田房江知事が明らかにした。
 旅客便向けの奨励制度は航空会社の誘致を後押しする目的で2005年4月に創設。国際線で新たな定期路線を開設、もしくは増設した航空会社に、機材の大きさや発着回数に応じて2年間、基本奨励金を支給する。1年目は上限が6000万円、2年目は3000万円。このほか初乗り入れ会社に初就航奨励金1000万円を支払う。これまでに計13社(14路線)に2億円を支払った。
 同協議会は、さらに就航を増やすため、今後の需要増が見込める貨物便にも奨励金を支払うことにした。具体的な奨励金の上限額などは今後詰める。
 関空の国際貨物定期便は現在、週当たり191便。貨物便への奨励金に関しては、全日本空輸と日本航空の2社を対象に計2500万円を支給した経緯があるが、制度化はされていない。


貨物便は、中部国際空港から撤退、関空に集約という流れが強まっています。
また、旅客便にも似たような兆候があるようです。

景気回復や二期滑走路の完成によって、関空が本来ある姿に向かっています。
[PR]
by nakano-shima | 2007-09-28 20:03 | ニュース
大阪クラシック ~御堂筋にあふれる音楽~
今年も「大阪クラシック」が開催中です!

大阪クラシック ~御堂筋にあふれる音楽~ 2007.9.2.sun-2007.9.8.sat 大植英次プロデュース

開催時期:9月2日(日)から8日(土)の7日間(60公演)

無料の公演も数多くありますので、ぜひ御堂筋へ!

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-09-03 22:51 | ニュース
「阪神なんば線」-延伸後の西大阪線
現在延伸工事中の阪神西大阪線は、延伸部開業時に「阪神なんば線」となることに決まりました。

西大阪高速鉄道:西大阪延伸線の路線名が「阪神なんば線」に、新設する駅の駅名が「九条駅」、「ドーム前駅」、「桜川駅」に決定しました。(PDF)

駅名は、「九条駅」、「ドーム前駅」(仮称:岩崎橋駅)、「桜川駅」(仮称:汐見橋駅)と決まりました。

c0041027_23481765.jpg

開業は平成21年春の予定です。

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-08-10 23:48 | ニュース
近鉄阿倍野が広さ日本一、高さ日本一に
近鉄からものすごい計画が発表されました。

とりあえず、このニュースリリースをご覧ください↓
近鉄ニュースリリース:阿部野橋ターミナルビル整備計画について(PDF)

阿倍野の近鉄百貨店が日本一の高さ、約300mの超高層に建て替えられ、百貨店として最大の広さになります。
ビルには、オフィス、美術館、ホテルなども入る予定です。

----要約----

~広さ日本一の百貨店、国際級ホテル、最先端オフィスを擁する、高さ日本一の超高層複合ビルを建設します~

c0041027_22321179.jpg・近鉄では、大阪阿部野橋駅および近鉄百貨店阿倍野本店として利用する阿部野橋ターミナルビルの旧館部分について、建替えを検討してきた。
・都市再生特別措置法に定める「都市再生特別地区」の都市計画に関する協議を大阪市と始めた。

・「アベノ」は、近鉄・地下鉄・JRなどが乗り入れ、1日の乗降客数約80万人を誇る、「キタ」、「ミナミ」に次ぐ大阪の中心地で、近鉄最大のターミナル。

・地区の都市機能やイメージを飛躍的に向上させるインパクトのあるプロジェクトとして、高さ約300メートル、日本一の超高層複合ビルを建設することとした。

・タワー館(仮称)は、地下5階地上59階、延床面積約21万平方メートル。

・低層階に営業面積日本一の百貨店を配置

・中層階には大阪でも有数のフロア面積を誇るオフィス

・高層階には大阪で最高層に位置する国際級ホテルを導入

・加えて美術館や、展望台を設置することにより、南大阪エリアの新しい文化・観光拠点の形成を図る。

・建物には、複数の屋上緑化施設を配置することで、街の景観の向上を図る。

・低層階では新たな公共的空間の確保と歩行者回遊ネットワークの整備を行い、建物周辺への人の流れを円滑にすることで、地区の賑わいを創出。

--------

【参照】
東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行:阿倍野橋ターミナルビル整備計画 日本最高の高さ300m!


【報道】
・読売新聞:近鉄が高さ日本一の超高層ビル…地上59階、約300m
・日経:近鉄、高さ日本一の超高層ビル建設・2014年、大阪市阿倍野区に
・朝日:近鉄が大阪・阿部野橋で大規模再開発、百貨店を広さ日本一に
・世界日報(ロイター):近鉄が大阪・阿部野橋で大規模再開発、百貨店を広さ日本一に
・京都新聞:近鉄百阿倍野本店、高さ日本一に 横浜ランドマーク抜く


←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-08-08 22:45 | ニュース
関空、第二滑走路オープン!
関空の第二滑走路が本日オープンしました!

これで、関空はわが国初の世界標準(グローバルスタンダード)の空港となります。

つまり、完全に24時間運行が可能になるということです。

関西国際空港:2007年8月2日、第2滑走路オープン!


朝日:関空第2滑走路オープン 国内初の「完全24時間空港」
[PR]
by nakano-shima | 2007-08-02 23:56 | ニュース
堺浜にシャープの「21世紀型コンビナート」
本日、シャープ(本社:阿倍野区)が、堺に液晶パネルと太陽電池の世界最大規模の工場を建設することを正式に発表しました。

場所は、堺浜地区で、新日鐵の遊休地。この亀山工場の4倍の広さのところに、シャープの工場を中心に様々な工場や物流施設が集まり、「21世紀型コンビナート」を形成するという計画で、全体の投資額は約1兆円。

尼崎に松下のPDP工場、住之江区の大阪発電所跡に旭硝子のPDP工場、堺にシャープの21世紀型コンビナート。
阪神工業地帯が躍進しています。

c0041027_22582693.gif

【公式】
ニュースリリース:シャープ「21世紀型コンビナート」を展開
発表会レポート:「21世紀型コンビナート」を展開

【ニュース】
Tech-On!:【速報】シャープが大阪堺に新工場,その名も「21世紀型コンビナート」
Tech-On!:【続報】シャープ新工場,記者会見での一問一答
AV Watch:シャープ、液晶パネル新工場を2010年3月大阪 堺で稼働-投資規模1兆円の「21世紀型コンビナート」


←おねがいします。


【追記】
シャープ「21世紀型コンビナート」起工(2007-12-02)
[PR]
by nakano-shima | 2007-07-31 23:05 | ニュース