「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:☆大阪百科☆( 59 )
大阪ブランドブック
先日、扇町のmebicで「大阪ブランドブック」を入手した。
c0041027_21432940.jpg
大阪市章のみおつくしと桜と梅?がヴィトンのように並ぶ。
コンセプトは"Rebranding Osaka"。
おしゃれに大阪の都市再生への可能性を紹介。やっぱ大阪ブランドの強力さを感じる。

詳細ページはこちら

扇町インキュベーションプラザ・メビック扇町でもらえます。水道局扇町庁舎の2階です。(地図

まちあそび・みみすまし」のこの記事「Rebranding Osaka : 大阪ブランドBOOK」に詳しく書いているので。

←クリックお願いいたします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-06-05 21:53 | ☆大阪百科☆
大阪百貨店分布
日経ネット関西版:「そごう心斎橋」9月開業、ライバル店は冷静に備え─隣接の大丸、競争激化でも「集客に効果」(6月2日)
c0041027_23294811.gif 9月開業のそごう心斎橋本店は年商500億円が目標。三越大阪店は5月に閉店、一方、秋には関西地区で最も売り上げが大きい阪急百貨店梅田本店が建て替えに着手する。来年以降も百貨店の新設や増床計画が目白押し。大阪市中心部の百貨店勢力図は大きく変わる可能性がある。
 そごうに隣接する大丸心斎橋店は競合も激しくなる。しかし、奥田務・大丸会長はそごう開業の影響を「プラスマイナスゼロ」と読む。「旧そごう大阪店閉店後に心斎橋駅の乗降客数が5―6%減ったが、かなり戻ってくる。心斎橋地区の『面』としての集客力が高まるメリットは大きい」
 大丸は3月、婦人服フロアを全面改装。「婦人服では団塊世代と団塊ジュニアに加え、新たに40代の獲得にも力を入れる」(森川善博・大丸心斎橋店長)
 難波地区では丸井が大阪1号店を来秋開き、2007年春には複合商業施設「なんばパークス」も全面開業。高島屋も09年に大阪店を2万平方メートル増床する。
 近鉄百貨店は07年、阿倍野本店の別館「Hoop」南側に新館を建設する。上本町店は「狙っている顧客層がそごうと似ている」(堀田正樹店長)こともあり、秋に向け新たな改装を計画中。
 梅田地区では11年に三越が進出、大丸梅田店も大幅増床する。阪神百貨店は食品など得意分野を強化する一方で「弱い部門は場合によっては縮小か切り捨てる」(29日に社長に就任する西川秀郎取締役)と、めりはりの利いた品ぞろえで集客する考えだ。
 大丸は高級志向のところがあり、少し最近は不調です。若い人向けの店も結構入っているのですがね。。。
大阪は結局、百貨店では伝統ある大丸、高島屋、三越。私鉄の近鉄、阪急、阪神。
そして、百貨店・デパートという型にとらわれない商業施設は大手私鉄各社。南海は高島屋と協力という形になるのでしょうか。JRは大丸と三越?京都では伊勢丹。
南海難波駅前に丸井が建設中、なんばパークス(高島屋)拡張と、南海難波も巻き返し。
その南側にヤマダ電機っていうのはがっかりですけど。


人気blogランキングへ←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-06-04 23:30 | ☆大阪百科☆
ハービスエント
パナソニックセンターの次は、梅田のハービスエント内にあるソニースタイルへ。
やっぱ店内撮影禁止なのかなぁ。と思いつつ遠慮気味にこれだけ撮影。
c0041027_23223970.jpg
そういえばシャープはこの手の施設が大阪にはないんだよね。本社改装時に作って欲しいと思ったり。

ハービスエントって凄いですね。なんかマンマミーア一色って感じでしたが。
エスカレーターのところとかは全部吹きぬけ状で、落ちる人いないのかなと思ったり。
c0041027_23253772.jpg


エレベーターはお決まりのシースルーエレベーター。
c0041027_23265323.jpg


西梅田駅への入り口もおしゃれですね。
c0041027_23272066.jpg
そういえば、心斎橋にも良い感じの地下鉄駅の入り口がありました。
こんど写真をアップします。先を越さないでね。

詳細は公式サイトへ→ハービスエント   ソニースタイルストア

人気blogランキングへ←なんか洒落にならない順位です。さすがにこの順位は恥ずかしい。。。クリックお願いいたします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-06-03 23:28 | ☆大阪百科☆
古いフィルムを発掘!
c0041027_16151375.jpg 先日、部屋を整理していたら、父の古い写真フィルムが大量に出てきた。古いと言っても20~40年前のものですが。
なぜか白黒フィルムばっかりだ。父曰く、自分で引き延ばしなどをしていたため、カラーではなく白黒だとのこと。
今は小学生でもパソコンとプリンタ、いや、パソコンなしでもカラー写真を作れる時代になって。。。w
まぁ、古い写真ということは、昔の風景が写っているに違いない!好奇心をかなり駆りたてられる。
まぁ、ネガで眺めていても面白くないし、フィルムスキャンをできるスキャナをもっていることだし(これまた便利な時代ですな。)、いっちょやってみるか。



c0041027_16162017.jpg
 まずは出てきたフィルムを。写っているだけが全部じゃないんですけどね。
左端に写っているのはベタ焼きといって、”複数のネガを並べて1枚の印画紙に焼き付けたもの”です。
今で言うサムネイルかな?

うちの親父さん、一応ネガシートに番号ふって、いつどこで撮影したかラベルに書いてくれています。
普段は雑なんですが、自分の趣味となるときっちり。


c0041027_16205452.jpg
 しかし、そのラベルにこんなものを発見。
え、9年前に期限切れ?そんなもの使うなよw

ってか、トライXって?
調べてみるとコダック製のフィルムのことのようです。

でも、写真自体には特に問題なし。
写真フィルムは期限切れでも大丈夫w


c0041027_16221839.jpg
 これがネガフィルムです。
フィルムの後ろは液晶の画面です。

カラーフィルムは茶色っぽいですが、
白黒フィルムは紫色なんですね。

ちなみに富士フイルム。


c0041027_16253882.jpg
 私のスキャナはフィルム専用機じゃないので、
このような専用の「35mm用フィルムガイド」にフィルムをセットして、
裏から光をあててスキャンするといった仕組みである。

ちなみに一度に6枚分スキャンできます。


c0041027_1626380.jpg
そしてスキャン!

現れてきたのがこれ。

カラーを削除して、白黒にするのではなく、
あえてカラーでスキャンし、フィルムの色を生かすことにした。

この写真が何かおわかりになるだろうか?
そう、これは大阪城。化粧直しはしたものの、基本的には今も昔も変わりませんね。




では、どんどんスキャンしていきます!!!


これは名古屋ですね。30年前に撮ったものです。
テレビ塔は今も昔も変わらず。
c0041027_16275472.jpg


次は30年ほど前の東京・小石川の風景。普通の町中ですね。どこなんだよここ。。。
どこかわかる方が居られれば、お教え下さい。
c0041027_16281780.jpg


でも、やっぱ古い写真をあさっていて出てくるのは大阪万博ですよね。1枚目の写真も万博の写真です。
c0041027_16284513.jpg


そしてまたまた大阪城です。本丸の日本庭園と大阪城。現在の様子と並べて比較してみました。
まぁ、それほど変化はなし。なかった植物が植えられていたり、なくなっていたりはしますが。
ちなみに、ここは入るの無料です。大阪城に行ったときにはぜひ寄りたい場所です。
c0041027_16291327.jpg


次に20年ほどの前の大阪・梅田新道の交差点から西側の風景。
右端に移っている駅前ビルは変わないが、正面の西梅田には高層ビル群が登場しています。
c0041027_16343419.jpg




c0041027_16345094.jpg
海外旅行に突入です!
パリです。エッフェル塔が見えますね。
ヨーロッパらしい町並み。
現在の写真を撮りに行けないのが残念。

大阪はパリを町作りの手本にしたって話を聞いたことがありますが、この手前の橋と対岸の所はたしかに淀屋橋あたりに似ているかも。


c0041027_1635265.jpg
どこかで見たような所。なにかの映画で。。。
たしか隕石が落ちてくる映画。。。
なんでしたっけ?



さらにスキャンし続けます。

c0041027_16373473.jpg

お。これもヨーロッパの建物の写真でしょうか?
他の写真を。。。
c0041027_1638161.jpg


c0041027_16381534.jpg

ん????


c0041027_16404126.jpg

ん!!!???


もしやこれは!!!
c0041027_16431039.jpg
昔の大阪市役所ですね!


ちなみにこれが現在の大阪市役所。現在の市役所はこれを壊して昭和60年に完成したものです。
c0041027_16434543.jpg
まぁ、今のも重厚ですが、やっぱ昔のほうが良いかな。



まだまだ写真はあるのですが、キリがないのでこのへんにしておきます。
みなさんも家の中を探してみたらなにか見つかるかもしれませんよ。
面白い物が、みつかったら教えてくださいね。

[PR]
by nakano-shima | 2005-06-01 16:26 | ☆大阪百科☆
特集記事一覧
※領事館・道県事務所・地方銀行支店などの記事一覧は「資料とまとめとデータ」に移動しました

せっかく苦労して書いた特集もブログでは過去のものになってしまい、もったいないので、特集記事のインデックスを作りました。

スポーツブランドもミナミに集約 心斎橋・難波付近にある、国内外の世界的に有名なスポーツブランドの直営ショップについて。

大阪でも鉄道が熱い!のか? 大阪、およびその周辺で大阪に関わりが深い鉄道新線のまとめ。結構追記しています。

古いフィルムを発掘! 白黒フィルムをスキャン!万博の写真や昔と今の梅新や大阪城の写真も。

蛍光灯マジック-地下鉄のシャンデリア  御堂筋線の主要駅の蛍光灯についての特集です。

大阪の橋を観察-橋についているアレ 橋の個性的な照明や難波橋のライオン像など。

梅田の歴史を航空写真(空中写真)で。 戦後の梅田の移り変わりを航空写真で見ていきます。

JRの高架化を観察-阪和線 上り線が高架になっていく阪和線を観察。

いずれかは、ホームページをつくってそこに移動させたいけど、まだサーバーを借りられていない。。。
[PR]
by nakano-shima | 2005-06-01 01:26 | ☆大阪百科☆
京阪シティモール-天満橋
天満橋の京阪シティモール(シティモ)に行ってきました。 松坂屋から改装され、5月27日にオープン。
c0041027_21495096.jpg

前の記事では「ミドリが核」とのことでしたが、ばっちりミドリの看板が目立ってますね。
書店もCDショップ(HMV)も入っており、地下には食品コーナーもあるので、京阪をご利用の方、地下鉄で天満橋を通る方は帰り寄ってみてお買い物っていうのにはちょうどいいですね。

「たいしたことないな。」 いえいえ。実は日本初出店の外国ブランドの店舗も入っていたりするそうなので、行く価値は十分あり。

屋上は開放的になっていて、北側を眺めることができ、中之島方面、梅田方面、天満方面、OBP方面はばっちり。
c0041027_2157178.jpg

京阪、谷町線の天満橋駅下車すぐですよ。詳しくは公式サイトへ。

人気blogランキングへ←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-05-31 21:55 | ☆大阪百科☆
Panasonic Center OSAKA
 日曜日にOBPのパナソニックセンター大阪に行ってきました。
 ソニーのデジカメですのでこっそり撮影w 手ぶれ補正機能付きの松下のデジカメも欲しいんですけどねぇ。。。
c0041027_20195716.jpg
 パナソニックの製品の最新モデルはほぼ全部のものが展示されています。
生産工程や仕組み、製品を分解したものも展示されていて、とても面白かったですよ。
なんと、展示パネルによると2007年以降には32GBの容量のSDカードも出るとか。
 また、ユビキタスをテーマとした展示もあったりしました。
 壁はブラウン管を粉砕した硝子でできていて綺麗でした。

詳細は→公式サイト

ナショナルセンター大阪もあるので興味のある方は行ってみては?
比較的すいているのでおすすめ。

参考記事:パナソニックセンターとナショナルセンターがオープン

人気blogランキングへ←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-05-30 20:19 | ☆大阪百科☆
蛍光灯マジック-地下鉄のシャンデリア
c0041027_21131117.jpg 大阪を南北に貫き、交通の大動脈である市営地下鉄御堂筋線。大阪市内だけではなく、北端は豊中市(ただし別会社)、南端は堺市にいたる。地下鉄では輸送力日本一である。
 この路線は、日本初の地下鉄が浅草-上野間に開通してから5年後の1933(昭和8)年に大阪初かつ日本初の公営地下鉄として開業。その後幾度の延伸を重ねて、現在にいたる。
 天井は高く、照明は立派なものがつけられている。開通当初は1両編成での営業だったが、10~12両分が停車できるようにホームは造られていた。そして、現在は全車両10両編成。まさに先見の明があったといえるであろう。
 今回はその立派な照明をご紹介する。
一応ここではシャンデリアということにしておくw


c0041027_2113449.jpg
天王寺駅


 JR・近鉄・阪堺(路面電車)・地下鉄が集中する大阪第二のターミナル。
 駅名の由来は駅の北側にある、聖徳太子の創建と伝わる四天王寺と言われている。

 天井は高くなっており、大きな柱と梁がとおっていて四角い構造になっている。
c0041027_21141728.jpg
 八角形の逆円錐型に蛍光灯が8本組み込まれており、
下部にはダイヤ型の飾りが施されている。

・全32台
・蛍光灯は1台に8本ずつ
c0041027_21145057.jpg
 ホームから階段をのぼったところには、このような和風のものが1つだけ残っている。

どうもこの駅が開業した昭和13年から使われている物のようだ。

もう1つしか残っていない、貴重な物だ。

・全1台
・蛍光灯は4~8本?


c0041027_21205899.jpg
心斎橋駅


 天井はドームになっていて、シャンデリアも豪華なものになっている。
 この駅は繁華街の心斎橋に位置し、大丸百貨店本店のすぐ近くにある。

 昭和8年の開業当時の南端の駅になっていた。

c0041027_2128552.jpg
 逆円錐型に蛍光灯を放射線状に並んでいる。
無駄のないデザインになっているので、アーチ型のドームの天井とピンク色の壁面にうまく調和している。

・全10台
・蛍光灯は1台に(たぶん)42本ずつ
・1台につき400kg



c0041027_21371684.jpg
本町駅

 オフィス街・本町にある駅。この駅の近くには、伊藤忠商事やヨドコウ、日本ハムなどの本社なども軒を並べている。

 一応駅の天井はそれぞれアーチ型のドームにはなっていて、蛍光灯も多く使われているが、シャンデリアは見られない。

 しかし、この駅にはシャンデリアこそないもの、ある小細工がほどこされている。

c0041027_21554122.jpg 階段をのぼり、デッキにあがると天井に注目。

 蛍光灯で「H」の字になっているのが見える。

 Hに続いて、O、M。。。。

 もうおわかりの通り「HOMMACHI」になっている。
つまり、「本町」になっているのだ。

 これを考えた人は実にユーモアだったに違いない。
これぞ蛍光灯マジック!!!!



c0041027_220393.jpg
淀屋橋駅


 大阪市役所のある淀屋橋。
ここには、日本生命の本社があったり、住友系のビルが立ち並ぶいわゆる「住友村」があったりする。

 江戸時代の豪商、淀屋が造った橋、淀屋橋が駅名の由来になっている。


c0041027_2245341.jpg
 カプセル型のカバーに蛍光灯が7本ずつ挟まっているものを5つ組みあわせている。
アンティークな感じであり、レトロな感じであり、未来的な感じでもある不思議なデザイン。
アーチ型の天井のトップに規則的に並んでいる。

・全8台
・蛍光灯は1台に35本ずつ


c0041027_22115722.jpg
梅田駅

 大阪最大のターミナルの大阪・梅田駅。
大阪の玄関口であるJR大阪駅と連絡している。

1日辺りの乗降客数は、約45万人で、地下鉄の駅としては日本一。

それだけのこともあり、立派なシャンデリアがついている。

ちなみに一番最初の画像はこの梅田駅の物である。

c0041027_22161432.jpg
 北方面行きのホームにこのシャンデリアはある。

 中心から120度ずつ感覚をあけて3方向へ広がっている。
直線と曲線がうまく組み合わせられており、複雑なデザインになっている。

・全7台
・蛍光灯は1台につき60本ずつ



多くの人が利用する路線だが、日頃はあまり意識していない人も多いのではないかと思う。
地下にこんなに面白い物があるとは誰も思わないだろう。
ただ単に天井が高いだけでなく、このような工夫がされていてこそ大阪である。

それにしても蛍光灯の数を数えるのは大変だった。。。

[PR]
by nakano-shima | 2005-05-17 21:15 | ☆大阪百科☆
大阪の橋を観察-橋についているアレ
c0041027_2162377.jpg
 大阪の都心は今も昔も”船場”。
 天下の台所として栄えた大阪はまさしく”水の都”である。
 水の都には橋が多い。「浪速八百八橋」といわれている。
 これだけの橋を幕府が管理するのは大変なので、
 商都・大阪の橋は豪商たちによって造られ、管理されてきた。
 例えば、「淀屋橋」。豪商・淀屋が造ったから淀屋橋である。

 明治以降、木製だった橋は市によって造りかえられた。
 しかし、がっかりすることはない。
 大阪市は実に洒落た橋を多く造っている。

 今回は、市役所のある中洲、中之島に焦点を絞り、
 ユニークな橋を紹介してみようと思う。


c0041027_2113461.jpg
難波橋

 上のライオンの像は実はこの橋のシンボル。

 ”ライオン橋”という愛称で呼ばれている。

 この橋は、大阪証券取引所(大証)の前にある。
 証券の街・北浜にあるのだ。



   左の写真は橋の真ん中にある”モダンな街灯”。   右の写真は端にあるオブジェ。柱の上に石の球が乗っている。
c0041027_21281486.jpg

c0041027_21403846.jpg
水晶橋

 中之島北側と対岸を結んでいる。

 アーチが美しい。

 実は、この水晶橋は歩行者専用橋となっている。
 橋を渡るには、階段を上らなければならないのだ。


左の写真は橋の四隅にある照明。和洋が調和している。 右の写真は計6個ある照明。上にアンテナみたいなものがついている。
それにしても、なぜこの照明兼オブジェの下にはドアがあるのだろうw?
c0041027_21503365.jpg

c0041027_2216100.jpg
淀屋橋 と 大江橋

 この2つの橋は、大阪のメインストリートである、
御堂筋の一部となっている。

北から大江橋をわたり、そして中之島をへて、
そして淀屋橋をわたり南へ抜ける。

右の写真は南側からみた淀屋橋。
向こうに写っている重厚なビルは大阪市役所だ。

c0041027_2272455.jpg
淀屋橋と大江橋はどうやらほとんど同じデザインのようだ。

右の写真は大江橋についている照明。

多角形の角に西洋風の柱がついており、頂点はくるくるコーンみたいになっているw

塔の頂点のようなデザイン。設計者の遊び心が伺えるw

c0041027_2215325.jpg
錦橋

朝日新聞大阪本社の近くにある、歩行者専用橋。

見ての通り、階段になっている。

約20年前の改修で、「大阪のシンボルになるように」と
この橋はギャラリーになっていたりする。


水晶橋のものと似ている。やっぱりこれはアンテナに見えて仕方がないw
c0041027_2222741.jpg

c0041027_22252340.jpg
そして、橋の上にはこんなオブジェも。
まぁ、これがギャラリーとしての姿なのだろう。


走るポーズ?の人

酔っぱらって踊ってる?人

腕を組んで踊ってる2人?

ユニークですね。。。


中之島にはまだまだネタが眠っている。。。
c0041027_22301399.jpg

[PR]
by nakano-shima | 2005-05-09 19:47 | ☆大阪百科☆
阪急梅田駅
c0041027_22575785.jpg
 京都線・宝塚線・神戸線のそれぞれ3線ずつ、
計9本のホームを有する私鉄最大の阪急電鉄梅田駅。
また、乗降客数も私鉄日本一。

写真がボケてます。見にくくてすみません。

この頭端式ホーム(櫛形ホーム)は、大阪で他には、
 ・南海難波駅
 ・阪神梅田駅
 ・近鉄上本町駅
 ・近鉄大阪阿部野橋駅
 ・JR天王寺駅阪和線ホーム
とありますが、阪急梅田のものが最大です。
c0041027_23105644.jpg
この阪急梅田駅、昔は阪急百貨店の下にホームがありましたが、1966年~1973年にJRの北側の現在地への移転高架化拡張工事が行われました。
参考:梅田の歴史を航空写真(空中写真)で。

そして、昔待合室だったところには、シャンデリア。
しかし、阪急百貨店の建て替えで姿を消しそう。
参考:新阪急梅田ビル(仮称)

まぁ、阪急のことだからどうにかして保存する可能性も大いにあります。今後のニュース、動向に注意!
c0041027_23193698.jpg
 乗降客数が私鉄で日本一のこともあり、
ホームの床はかなりすり減ってます。

阪急電車は、ホームの床だけでなく、車体もピカピカ。自分が写りますよw

ちなみに、阪急電車のイメージカラーのあの茶色は「マルーン」と言います。

人気blogランキングへ
[PR]
by nakano-shima | 2005-05-08 23:16 | ☆大阪百科☆