「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
阿倍野再開発計画案
日経ネット関西版:阿倍野再開発、ヨーカ堂・ハンズ核店舗に─大阪市が未着工3棟計画案
 大阪市は29日、天王寺駅前の阿倍野市街地再開発事業(阿倍野区)について、未着工ビルの都市計画案をまとめた。イトーヨーカ堂と東急ハンズを核テナントとする店舗棟など3棟で構成し、合計の延べ床面積は約21万平方メートル。今秋に都市計画決定し、2007年度に着工、10年春の開業を目指す。
 04年度にビルの事業協力者に決まった東急不動産などと協議し、都市計画案を策定した。店舗棟は地下2階地上6階建てで、延べ床面積は17万6800平方メートル、店舗面積は7万5000平方メートル程度ある。4階から6階が約1500台の駐車場となる。
 やっと見通しが立ったようで。。。いつまでも虫食いのような空き地を置いていてもね。。。
当初の計画のような大規模な施設ではなさそうですが、仕方ないですね。


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-31 00:13 | ニュース
「堺」ナンバー誕生
国土交通省:新たな地域名表示ナンバープレートの導入について(平成17年7月29日)

ナンバープレートの地域名表示に「堺」が誕生。平成18年度の実現が目標。
対象市町村は堺市のみ。

ちなみに現在、大阪府は3種類。

・「なにわ」:大阪市

・「大阪」:北部(豊中市、吹田市、池田市、高槻市、守口市、枚方市、茨木市、寝屋川市、 東大阪市、箕面市、門真市、摂津市、八尾市、大東市、四条畷市、交野市、豊能郡、三島郡)

・「和泉」:南部(堺市、岸和田市、泉大津市、貝塚市、泉佐野市、冨田林市、河内長野市、 松原市、和泉市、柏原市、羽曳野市、高石市、藤井寺市、泉南市、大阪狭山市、阪南市、泉北郡、泉南郡、南河内郡)

堺市が和泉→堺になる。ただ、自動車検査登録事務所は新設されない。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-29 22:02 | ニュース
大坂っていうぐらいだし
というわけで、大阪の坂をご紹介しようかと。
坂となればやっぱ上町台地ですね。

環状線の近くでも坂に出会うことはできます。坂の急さは自転車で走れば一番分かるかな。
c0041027_20443917.jpg

天王寺区、生国魂神社近くではこのような坂を見ることができます。
c0041027_2049833.jpg
のぼりきったところから。結構高いよ。
c0041027_20494542.jpg

阿倍野区・住吉区も坂が多い。上町台地だけでなく、古墳が多いからだろうか?
c0041027_20505750.jpg

寺社とこの坂は大阪の風景だと思う。船場とともに、上町もこれから紹介していきたい。こんな坂の多いところには、大きな家が多い。金持ち=高いとこに住むということだろうか。芦屋とか西宮の山の手とかもそう。

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-26 20:53 | ☆大阪百科☆
百済貨物駅
天王寺から関西本線(大和路線)で奈良方面に一駅の東部市場前駅とその次の平野駅の間にこの貨物駅はある。地図
c0041027_0434747.jpg

すぐ近くには大阪市東部中央卸売市場がある。結構コンテナを積んだトラックが周辺を走っている。
c0041027_0445143.jpg

やっぱ貨物駅は広い。
c0041027_0451568.jpg

梅田駅から機能移転となれば整備され直すのだろうか。このボロい建物も・・・
c0041027_046957.jpg

広さや現在の整備状況、また路線の便利さ、百済は東住吉区といえど密集した市街地ということで、中心は吹田になることでしょう。
吹田の空き地はかなり広大。荒れ地というか原野というか↓ 地図
c0041027_0494987.jpg

「JR貨物」のCMが実は好きだったりして、新しい鉄道輸送を考えていたりする。
重いものばかりではなく、もっと身近なものを輸送できないかと。
例えば、関空から輸入したものをそのまま天王寺や難波や梅田まで運ぶ。繁華街まで輸入品を一直線。荷下ろしは普通の駅のホームでやればOK。土台や車体は旅客用列車と同じで、座席などを取り除き、運輸仕様にしたもの。130kmでとばして減速もすばやくできる。そうすれば、鉄道輸送の欠点の遅さをカバーできるのではないかと。あと、普通旅客列車の妨げにならず、昼間に運行も可能。これってどうなんだろうか?

ちなみに、百済という名前だからといってキムチのにおいがするわけではない。
ってか、そもそも百済の時代にはキムチはない。

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-24 00:48 | ☆大阪百科☆
市外にも放置市有地
日経ネット関西版:市有地未利用、60年間放置2,500平方m─大阪市、問題意識は希薄(7/22)
 大阪市で1200億円以上の価値のある広大な市有地が未利用になっていることが分かった。背景にあるのは、未利用を続けることへの問題意識の希薄さだ。財政局の担当者は「いつか何かに使えると考え、保有し続けていた」「かつては未利用地を売却する考え方自体がなかった」と語る。財政難で市は未利用地を解消していく方針を示しているが、活用も売却もそれほど進んでいない。
 和泉市郊外の小高い丘陵の一角に、戦後60年近く未利用のままになっている大阪市の所有地が存在する。
 ため池に面した空き地の広さは約2500平方m。所有者を示す看板はなく、近所に住む50代の女性は「ため池を囲むためのフェンスだと思っていた」と話す。
 市が土地を取得したのは1943年。一帯の約20万平方mを「中学校郊外運動場」にする計画だった。しかし、戦局が厳しくなる中、徴兵前の青少年を鍛える「健民修練所」として利用され、44年には旧陸軍が軍用地として借り上げた。
 終戦の翌46年3月、市に返還された。用地の多くは、現在の「信太山青少年野外活動センター」に利用されたが、片隅に位置する約2500平方mは使い勝手の悪さから放置された。
 財政局は「詳しい経緯は分からないが、漫然と保有し続けたとしか言いようがない」と弁明する。
 大阪ドーム26個分の未利用地を抱える市は99年、事業などに活用できる場合は保有を続け、そうでない場合は売却処分する方針を打ち出したが、財政難で、なかなか新たな事業展開のメドが立たない。「苦肉の策」として駐車場や地域の広場として暫定利用する未利用地だと、地元の同意を取り付けなければ、転用できないといったジレンマも。
 実は、戦後60年近く未利用となっている和泉市の土地の道路を挟んだ反対側にも、約3万9000平方mの大阪市の所有地がある。大阪市立青少年憩いの家や大阪市立大学の学生寮の跡地で、この25年間、活用方法が見つからず、地元の子どもたちの遊び場になっている。
 「大阪市立大所有」の看板が立っており、60代の男性は「大学関連の施設が建設されるとずっと思っていた」。大阪市財政局「売却の検討対象地だが、遺跡の調査や道路拡張計画との調整などが必要で、すぐに売却はできない」。
 市外にまで市有地がここまであるというのが大阪市ですね。大阪市の力が強くなりすぎた。今となっては反対ですけど、戦中に大阪も府と市が合併しておくべきだったのかも。
 市有地っていうのはなかなか難しいもの。売却っていってもなかなか行政ではやりにくいもの。売りさばくのを専門にする部署って大阪市にはないのかな?不要なものをうまく処分すれば結構な額になるはず。
 まぁ、なんでもかんでも売られたら困るけど。「市がもっといてくれ!」って土地もあるから。
 そういえば、道路予定地っていうのももったいないですよね。何十年もフェンスに囲まれている土地。個人の事情があるから一概には言えないけど、立ち退きはできるだけ早くしてほしいものですね。大通りが不自然な行き止まりにぶつかるところが結構ありますもんね。高架工事が進まないとかも。
 阪神電鉄の九条での立ち退きはどうなっているのだろう?どなたか事情に詳しい方教えて下さい。阪和線の美章園付近のことも。


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-23 00:01 | ニュース
打ち水をしよう
朝日新聞:官民連携して打ち水大作戦 大阪暑さ日本一(7/16)
 日本一暑い大阪の夏を「打ち水」で冷やそう-。ヒートアイランド現象が深刻な大阪ではこの夏、府、大阪市など自治体やNPOが「打ち水」プロジェクトを実施する。計10万人の参加が目標。担当者らは「まずは身近にできる環境対策から始めて」と多数の参加を呼びかけている。
 府は今月下旬から約1カ月間、豊中、吹田、高槻などヒートアイランド現象の影響が大きいとされる北大阪の11市と連携して、「打ち水大作戦」を実施する。
 各市の夏祭りに下水道処理水を持ち込み、参加者に打ち水してもらい、道路管理を民間に委託する「アドプトロード」に参加している121団体にも雨水などを利用する打ち水を依頼する。北大阪の道路に散水車を走らせ、1日あたり約200トンを「打ち水」する計画だ。
 大阪市も8月上旬、市内2カ所で、下水道処理水の打ち水を計画。地元自治会に参加を呼びかけている。
 NPO「大阪水都再生基金」は8月10日、御堂筋約4kmで一斉打ち水をする。「涼しい道は沿道の企業にもプラス」と同NPOの須知裕曠(すちやすひろ)理事長は企業にも参加を呼びかける。大阪市が下水道処理水約45トンを提供する。昨年は約2千人が参加して一斉打ち水をした結果、1.7度も気温が低下した。
 気象庁などによると、最低気温が25度以上になる熱帯夜が00~04年の平均で大阪は47日あり、東京の31日、名古屋の24日を大きく上回った。
 各自治体は屋上緑化や歩道の透水性舗装などに取り組んでいる。府、市は今年度、約7億5千万円をかけて透水性舗装を実施するが、それでも全体の1%弱。効果が出るまでにはまだまだという。
 府交通道路室の担当者は「行政だけの取り組みでは限界がある。多くの人が打ち水プロジェクトに参加してほしい」と話す。
大阪はとにかく暑い。緑が少ないという意見は多いけど、そこまで極端に少ないわけでもないような気がする。堀の水がもっと綺麗になればそれを利用して水まきはできそう。堀が埋められられないで多く残っていたらもっとよかったかも。でも、いくら土佐堀川から水が来るからと言ってもみんなで巻けば水がなくなりそう。
まぁ、みんなで家の前は打ち水しましょう。


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-20 21:56 | ニュース
よんびる
西梅田や阪急村に比べて話題性に乏しいダイヤモンド地区も。。。
c0041027_12113289.jpg

ちょっと見上げてみれば。。。
c0041027_1212510.jpg

なにかあるかも。
c0041027_12124961.jpg

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-18 12:13 | 写真
りんくう商業施設コンペ
日経ネット関西版:りんくうタウンの遊園地跡など7ヘクタールの商業開発でコンペ─大阪府、景観の統一性保つ(7/14)
c0041027_20525836.gif 府はりんくうタウン(泉佐野市など)の玄関口の商業用地約7haの開発に、企業グループを対象とする事業コンペを導入する。広い用地の開発を一括して民間に任せ、景観の統一性を保ち、渋滞を招かない施設配置を目指す。「同タウン最大、最後の1等地」(府企業局)の整備で、難航する企業誘致に弾みを付けたい考えだ。
 対象となるのは、計画が頓挫したテーマパーク「りんくうコリアビレッジ」の建設予定地約3haと、隣接する遊園地「りんくうパパラ」(昨年10月閉園)跡地約4haを合わせた7ヘクタール。JRや南海電鉄のりんくうタウン駅の南側に面している。
 15日から8月5日まで進出を希望する企業を募集し、結果を府のホームページ上に公開する。企業側はこれを参考に事業の相乗効果などを考えて具体的な事業提案をまとめるグループを組織する。11月に事業案を提出。学識経験者らが採算性などを審査し、年度内に進出グループを決める。
ゲートタワーが赤字なので、もう一棟建てるわけにはいかず。。。マーブルビーチと連動して何かできれば良いかも。
それにしてもコリアビレッジはできなくて本当に良かった。日本の玄関口に韓国村をわざわざつくるなんて意味不明。。。あと、太田房江さん、ヨン様と歩きたいと。。。完全に職権濫用。。。ご自身が冬ソナが好きなのは自由だけど、それで体調管理ができなかったり、俳優を大阪につれてきて知事という立場を利用して一緒に歩こうとはけしからん。
ってか!府の財政やばいんだから、そんなのことに金を使ってる場合か!職員の給与カットしたり節水、節電でちまちま節約してるくせに、不要なところで多額の浪費をしてたら意味ないだろ。まぁ、この人は女だから知事になれたって言う人もいるぐらいですから。


←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-14 21:01 | ニュース
ロボカップ2005開幕!
公式サイト:ロボカップ2005大阪世界大会

読売新聞:ロボカップ大阪世界大会開幕、333チーム参加(7/13)
 サッカーなどの競技でロボットの性能を競う国際イベント「ロボカップ2005大阪世界大会」が13日、住之江区のインテックス大阪で開幕した。31の国・地域から過去最大級の333チームが参加し、各競技で予選が始まった。17日まで熱戦が繰り広げられる。
 人型ロボットによる「ヒューマノイド」部門ではペナルティーキックの予選を行い、連覇を狙う「チーム・オオサカ」の「VisiON NEXTA」が登場。相手チームのキーパーをかわして次々とPKを決める度に歓声が上がった。
 台車式ロボットが4~6台ずつで対戦する「中型ロボット」では、過去2回の優勝を誇る慶応大の「EIGEN」チームが得意の波状攻撃を見せた。大規模災害の救助技術を競う「レスキュー」などでも競技があった。
 小、中、高校生らが自分で作ったロボットで競技する「ジュニア」は14日から始まる。
 ロボカップは「2050年、サッカーの世界チャンピオンチームに勝てるヒューマノイドロボットチームを作る」という目標を掲げ、日本の研究者が提唱して1997年に始まった。今年で9回目。
 見に行きたいけど行けない。。。ブログをやってる方、だれか写真を撮ってきて!

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-13 19:05 | ニュース
湊町再開発
現在、OCATの地下にあるJR難波駅は元々は地上駅で湊町駅だった(らしい)。
関空開通を期にJR難波駅に改称され、その後地下化完成だったとか。
で、その広大な駅跡地は再開発中。空き地が結構目立ったが、最近はまた建設ラッシュ。

近鉄の高層ビルが2棟(1棟はマンション)完成している。
そして近鉄はさらに超高層マンションを2棟建設中。

38階建て138m、来年2月完成予定のルネッサなんばタワー
c0041027_12465799.jpg

39階建て133m、来年3月完成予定のローレルタワー難波。こちらは駅直通なのでもう完売です。
c0041027_12501867.jpg

超高層マンションとなるとイタリア語やフランス語ばっかですね。
だれか日本語で格好いい名前を付けられるセンスある人はいないのでしょうか。

そして産経新聞の新社屋。難波サンケイビル。
もうすぐ完成と言うことでお引っ越し作業中でした。
ここにそのページがあるんですけど。。。11日竣工なのに、あと○日ってのが合わないwなにやってるんだw
c0041027_12523074.jpg

正直見た目はショボいです。重厚感があるわけでもなく、高さがあるわけでもなく。
完全にマンションに負けてるってかんじはあります。
まぁ、通天閣より旭町のタワーマンションのほうが高いってことが起こるような時代だから。。。
c0041027_12543994.jpg


そして最後に。。。OCATは赤字でヤバイ!みんなで利用してあげて!

←クリックお願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2005-07-09 12:55 | ☆大阪百科☆