「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
府庁舎崩壊の恐れアリ
日経ネット関西版:大阪府庁本館、「震度6強で崩壊も」【2006年1月30日】

産経関西:大阪府庁本館「震度6強で倒壊の恐れ」耐震基準下回る
大正15年に建設され、都道府県の現役庁舎としては最古の大阪府庁本館(大阪市中央区)が、耐震改修促進法で定められた基準を大幅に下回り、「震度6強か7程度の地震で倒壊する危険性が高い」と診断されていたことが30日、わかった。府は平成元年に新庁舎建設計画を打ち出したが、財政難で凍結されたまま。しかし、耐震強度偽装問題などで建築物の耐震性能に府民の注目も高まっており、近く本館の耐震補強工事に関する計画を策定して対応に乗り出す方針だ。
 府では、一昨年の府議会で本庁舎の耐震診断の必要性について指摘を受けたことをきっかけに、財団法人「日本建築総合試験所」に委託して昨年5月に耐震診断に着手。非破壊検査で鉄筋の本数や柱の構造などを調べた。
 その結果、震度6強か7程度の地震でも耐えうる「IS値(構造耐震指標)0・6以上」という基準を大幅に下回り、同程度の地震が起きた場合は倒壊する危険性が高いという診断結果が出た。
 府庁本館は大正15年に完成。鉄筋コンクリート6階建てで、延べ床面積は約3万4000平方メートル。大正建築特有のモダンさを残す建造物として知られ、現在も知事室や副知事室、本会議場など中枢機能が入っている。
 府では平成元年に地上43階建ての新庁舎建設計画をまとめているが、財政難で計画は凍結したままになっている。平成16年に改定した行財政計画でも、19年度までは建て替えは見合わせることにしている。
 しかし、本館の耐震性能が低いままでは東南海・南海地震など大規模災害時には行政機能に支障をきたす恐れもあるため、今後、本館の耐震補強対策を具体的に検討する方針を固めた。
(2006/1/30  14:30)

市みたいに旧庁舎をぶっ壊すようなことはしてほしくないけど、どちみち財政難。
現在、手狭な本庁舎、複数の別館、民間のビルを20棟ほど借りている状態。効率悪し。

高さ214mの行政棟や、現在建設中の府警本部などを併せて、こんな感じになる予定だった。(新別館はすでに完成)
c0041027_1949674.jpg
大阪府:庁舎周辺整備事業   参考記事:大手前(17.06.10)

 お願いします。
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-30 19:41 | ニュース
天下茶屋
子供のころ、「地下鉄やのになんで阪急電車?」と思った。「阪急電車=梅田駅のターミナルか田舎」というイメージだったからだ。
c0041027_23523362.jpg
堺筋線だった。

ところで、阪急電車の車両は何色に見えますか?

茶色ではないですよね。

追記:あ、いちおうマルーンなんですけどね。 みなさんは何色に見えますか?

 ひさしぶりです
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-25 23:54 | 暇つぶしに
大阪城再建
よく大阪人は「太閤はんを尊敬している」とかネタにされるが、豊臣秀吉より、寄付をした大阪市民を尊敬すべきだろう。
c0041027_03119.jpg
昭和天皇御大典記念で、再建される大阪城再建事業は、市民の寄付金によって建てられた。
市民からの寄付金は総額150万円。大口寄付者は例の通り住友吉左衛門で25万円。次は三菱財閥の岩崎小弥太で5万円。子供達も小遣いをためて寄付したとか。
しかし、大阪城天守閣には45万円使われたのに対して、当時大阪城は陸軍第四師団が使用しており、立ち退き料と第四師団庁舎として80万円も持って行かれてしまった。
「なんのために寄付したんやろ・・・」

第三代大阪城天守閣は、いつまで健在なんだろうか。

さて、旧陸軍第四師団庁舎、旧大阪市立博物館だった建物は、現在、第23回全国都市緑化おおさかフェア運営本部として使われている。
c0041027_0391035.jpg
というわけで、大阪城内では各所で準備が行われていて、靱公園や大阪城公園ではホームレスへの立ち退きが求められていたり。

で、このフェアが終わったら、この建物はまた放置状態になってしまうのだろうか。
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-18 00:31
阪急と富国生命
そろそろ壊されるはずの阪急ビルと、取り壊しが決定した富国生命ビル。
c0041027_1221646.jpg

2006.01.13:梅田の富国生命ビル建替

2005.02.08:新阪急梅田ビル(仮称)
2005.05.11:阪急百貨店1期工事
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-17 01:25 | 写真
梅田の富国生命ビル建替
建通新聞:大阪富国生命ビルの建て替えを計画(1/13) ←記事全文
 富国生命保険は、梅田の「大阪富国生命ビルディング」を建て替える計画だ。
 同ビルは、1964年10月に竣工しており、設計と施工は清水建設(中央区)が担当した。
 築後40年が経過し、老朽化に伴い建て替えるもので、同ビルに入居するテナント各社は、移転に向けた準備を進めている。新しいビルの概要や建て替えのスケジュールなど具体的なプランは今後、検討する。
 現在の建物は、鉄骨鉄筋コンクリート造地下5階地上9階建て(塔屋4階)延べ5万2,957㎡。事務所や店舗が多数入居し、地下街のホワイティうめだに直結している。エレベーターは乗用8基と人荷用2基。地下3、4階に駐車場126台分を設けている。
 梅田では、梅田阪急ビルの建て替え、アクティ大阪の増築、サンケイビル新築、JR大阪駅新北ビル新築、北ヤードの開発、茶屋町超高層プロジェクト(大阪東急ホテル解体後跡地)、茶屋町東地区再開発など高層・超高層の建設計画が進められている。富国生命ビルの建て替えも、これら事業に匹敵するビッグプロジェクトになりそうだ。
西梅田とは対照的に、曽根崎警察・阪神百貨店・富国生命ビルと、”中途半端に古い”ビルが並んでいましたが、ついに富国生命ビルが建て替え。なお、阪神百貨店は建て替えをしない方針のようです。富国生命ビルの屋上にはビアホールがあるようですね。
c0041027_20545062.jpg

[PR]
by nakano-shima | 2006-01-13 20:53 | ニュース
府大大学院移転決定
大阪府立大学が大学院をりんくうタウンに移転するということに、「堺市が金払うから移転せんといてや」って言っていた問題です。

 日経ネット関西版:府立大大学院移転、計画変更なし─太田知事、堺市の残留提案退ける(12月27日)

府大側は移転することに決めたようです。

 日経ネット関西版:大阪府大、大学院りんくう移転構想を決定 【2006年1月11日】
 大阪府立大学(堺市など)の南努学長らは10日、生命環境科学部大学院のりんくうタウン(泉佐野市など)移転後の整備構想を決めた。堺市は移転せずに建て替えて整備するよう府に提案し、80億円を負担する考えを表明していたが、南学長は「大学の発展のため移転を府にお願いしたい」と述べた。
 大学院は約2万7000平方メートルの敷地に大学院本棟、獣医臨床センター、動物飼育棟などを建設する。府議会が認めれば府に事業費約135億円を負担してもらい、2006年度に設計を始め、09年4月開設をめざす。
 近畿で唯一の獣医学専攻を持つ府大の研究を生かし、動植物バイオの研究を進める。動物バイオ研究室や食の安全研究室など特別研究室を設ける。たんぱく質の機能を解析するプロテオミクス研究システムなど国内に数少ない設備を導入する。
 南学長は「バイオ研究の速度が上がっている。堺市の中百舌鳥キャンパスでの施設建て替えでは時間がかかる」と理解を求めた。空港に隣接するため海外の研究者と交流しやすく、空港検疫機関などとの共同研究をしやすい利点も挙げた。

府大といえばこんな話題も

 日本経済新聞:大阪府と東北大、大阪に金属材料の共同研究開発拠点を設立(12/27)
 大阪府と東北大学は来年度、金属材料の共同研究開発拠点を大阪府内に設立する。金属材料研究で世界トップレベルの東北大学金属材料研究所と、金属材料分野で全国有数の産業集積がある大阪東部の中小企業の産学連携を進め、ナノテクノロジー(超微細技術)などを利用した新たな産業基盤材料の開発を目指す。
 「東北大学金属材料研究所付属研究施設大阪センター」(仮称)として国の来年度予算に事業費が盛り込まれた。計画では研究施設は大阪府立大学内に開設し、産学連携の窓口としてモノづくり支援施設「クリエイション・コア東大阪」(東大阪市)に専門スタッフを置く。東北大と府立大の研究者を合わせて約20人になる見通し。
 東大阪市など大阪東部には、材料加工や部品製造など約5400社が集積しており、中小企業のニーズに基づく具体的な共同研究を進める。研究分野は今後詰めるが、府立大や府立産業技術総合研究所とも連携しながら、蓄積した研究成果の実用化を加速させる。

[PR]
by nakano-shima | 2006-01-11 22:52 | ニュース
エリア拡大!-桜-
大阪日日新聞:桜の植樹地域拡大 府内15カ所、2千本計画
 桜の名所をつくろうと活動している「桜の会・平成の通り抜け実行委員会」(安藤忠雄委員長)は10日から、植樹対象エリアをこれまでの大阪市中心部(大川周辺)から府内15カ所に拡大する。2010年3月までに新たな植樹エリアに約2千本の桜を植える計画で、今後さらにエリアを広げる準備を進める。
 実行委は都島区の毛馬桜之宮公園から北区の中之島公園にかけての地域(大川、土佐堀川、堂島川一帯)に約千本の桜を植えることで、「造幣局の通り抜け」と並ぶ桜の名所をつくろうと、04年12月から募金活動を開始した。
 植樹した苗木に募金者の名前を刻んだプレートを取り付けることなどが好評で、05年11月末には募金額が約3億5千万円に到達。目標達成のめどがついた。
 予想を上回るペースで募金が集まったため、実行委は05年7月、植樹エリアを拡大して募金活動を継続することを決めた。
 新たなエリアには、長居公園(東住吉区)、靭公園(西区)、南港中央公園(住之江区)、市外の長野公園(河内長野市)のほか、大和川や安治川など河川も含まれている。
 募金は1口1万円で、10日から郵便振込で受け付ける。振込先は口座番号00920-7-204175、実行委へ。ただし、プレートを取り付けるエリアの指定はできない。また同日から大阪市内の各区役所などでパンフレットを配布する。問い合わせは電話06(6615)0679、実行委事務局へ。

関連→大阪人なら寄付でしょ!
もう4億円ぐらい集まっているのでしょうか。やはりすごいですね。寄付。
ということで、エリア拡大だそうですが、長居公園・靱公園はいいとして、大和川ってどうなんだろう。。。
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-09 00:24
平成18年の大阪【謹賀新年】
あけましておめでとうございます。
更新がいい加減ですが、今年もよろしくお願いします。

第23回全国都市緑化おおさかフェア「花・彩・祭 おおさか2006」
  3月25日(土)~5月28日(日)の65日間、主会場の大阪城公園と市内各地で行われます。

世界バラ会議大阪大会2006
  5月11日(木)~17日(水)の7日間、花博記念講演鶴見緑地や大阪国際交流センターで開催されます。
  「ローズ・オオサカ」という新品種がなんとこれのために作出されたとか!
  3年に一度、世界37カ国からなる「世界バラ会連合」が開催する世界大会で、
  これまではバラの歴史が長い欧米の都市で開催されてきたが、今回はアジア初の大阪市!
 
  クリスマスにノルウェー政府公認のワールドリンキングツリーがワシントン・ロンドン・ベルリン・大阪の四都市だけだったように、
  大阪は市の努力か、世界の中でがんばっていますね。ちゃんと、大阪の評価すべき凄いところは認め、誇りに思いたいもの。

・秋に南海難波駅前に丸井難波店がオープン予定

・大阪駅大改造&阪急百貨店梅田本店建替&梅田北ヤードの工事開始
  ついに工事が本格的にはじまる。良くも悪くも、梅田が大阪の玄関口にふさわしく。期待しましょう。c0041027_2129614.jpg
大げさですが、いまのうちに目に焼き付けておいてください。

←本年もよろしく。
[PR]
by nakano-shima | 2006-01-02 21:19