「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
北浜リノベーションブロックと船場ことば
c0041027_0431165.jpg北浜の三越大阪店跡地では、ご存じの通り、超高層複合ビルの建設工事中です。(→地図
三越がなくなった(H17-10-23)、
さらに高い210mのマンションが!?(H18-09-22)

三越跡の南側、旧小西邸(コニシ)の隣にも、MID都市開発によって高層オフィスビル「(仮称)北浜MIDビル」が建設中。

そして、その東側には、平和不動産によってビジネスホテル「(仮称)ホテルブライトンシティ大阪北浜」が建設中。

この3つのプロジェクトが「北浜リノベーションブロック」として連携するとか。

平和不動産
 北浜リノベーションブロックについて(PDF)

そして、右上の地図にもあるように、「ウォールアート」が設置されています。

北船場くらぶによる「北船場ウォールアートプロジェクト」。

「せんばことば」が「あいさつ編」「こどもことば編」といったテーマで書かれています。

こんな感じで。
c0041027_0512848.jpg
c0041027_0514184.jpg
全部写真撮ったけど、ここで全部公開してしまっては、面白くないので、ぜひ見に行ってください。
周辺には、近代建築がたくさんあるし、オシャレなレストランやカフェが入っているところも多い。
中之島にも近いですよ。

最寄り駅は、北浜駅。


(仮称)北浜MIDビルc0041027_0563814.jpg

(仮称)ホテルブライトンシティ大阪北浜c0041027_057786.jpg


←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-31 23:55 | ☆大阪百科☆
ボトルドウォーターほんまや発売!
以前、大阪市の水道水がボトル缶につめられた「ぴゅあウォーター」が限定的につくられていましたが、この度、ペットボトルにつめられ、パッケージも一新した「ほんまや」が販売されることになりました。

c0041027_19281756.jpg大阪市水道局
 なにわ育ちのおいしい水 ほんまや “Honmaya!”

100円と安く、地下鉄の売店で販売されているので、身近なものになりそうです。
大阪市の水道水は、高度浄水処理されていて、厚生労働省の定める「おいしい水」の要件(含有ミネラル量や硬度成分量など)を満たしています。

【内容量】
 500ml

【販売価格】
 100円(税込)

【販売店舗】
 水道局関連施設(水道記念館、各水道局営業所)
 地下鉄売店(難波、天王寺、東梅田、天満橋、淀屋橋)
 市大生協売店海遊館

パッケージのデザインも、流行りの洗練されたものになりましたね。目立つ色だし。
販売は明日、3月30日から。
通信販売もされるので、大阪を感じたい方はぜひ買ってみてください。

【参考】ぴゅあウォーター
c0041027_19131984.jpg

にしても、朝日の馬鹿記者はやらしい書き方するな。根性悪すぎ。
朝日:「大阪の水」まずくないでぇ 大阪市がペット入り水道水

なお、産経の記事はこんな感じ。
産経:大阪市の水道水のおいしさPR「ほんまや」ペットボトルで販売

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-29 19:14 | ニュース
造幣局・桜の通り抜けは4月5日から
造幣局で毎年行われる「桜の通り抜け」。
今年は、4月5日(木)から4月11日(水)までの7日間にわたって開催されます。

c0041027_23274949.jpg
記念硬貨も販売されます。
桜の通り抜け2007プル-フ貨幣セット <-通り抜け再開六十周年記念->
 △右の写真のセットです。

平成19年桜の通り抜け記念メダルの販売について


あと、造幣博物館では特別展「金貨と金製品の世界」が27日まで開催中です。


産経:造幣局『桜の通り抜け』今年は最も早い来月5日から開催  (2007/03/14)
 大阪の春の風物詩、造幣局(大阪市北区)の「桜の通り抜け」が、昨年よりも1週間早い4月5日から11日まで開催されることが13日、決まった。暖冬の影響で明治16年の通り抜け開始以来、最も早い開催に。見ごろは期間後半になる見通し。
 造幣局では、ソメイヨシノの開花予想や2月の平均気温などから、通り抜けで最も本数の多い品種、関山(かんざん)の開花時期を予測し、開催時期を決めているという。過去最も開催が早かったのは、明治35年の4月6日。この頃は開花時期が早いソメイヨシノが主で、今年はこの記録も塗り替えることになる。
 また、開花の遅い八重桜が主になった戦後では、平成16年の8日の開催が最も早く、続いて10年の10日、15年の11日と、近年の早咲き傾向が強まっている。逆に最も遅かったのは昭和22、25、45、46年の21日だった。
 今年は124品種370本で昨年より1品種7本増えた。恒例の“今年の花”は、東京・荒川堤にあった名桜「松月(しょうげつ)」。期間中、約80万人の人出が見込まれている。平日は午前10時、土日は午前9時からいずれも午後9時まで。問い合わせはハローダイヤル(050・5542・8600)。

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-20 23:26 | ニュース
三休橋筋にガス灯設置開始
c0041027_21541691.jpg三休橋筋でガス灯の設置が始まりました。→地図

過去記事:三休橋筋にガス灯

大阪ガスの寄付で、50本ほど設置されます。
また、歩道が広くなり、電線の地中化も行われます。

右の写真は工事中の三休橋筋。

完成が楽しみですね。

産経:近代建築、薄オレンジ色に 船場でガス灯設置
 大阪・船場の三休橋筋で17日、街のにぎわいづくりなどに役立てようと、ガス灯の設置が始まった。付近は近代建築物が多く、ガス灯とともに街の名所になると期待されている。
 ガス灯は高さ約4メートルで、電気による着火で点灯する仕組み。綿業会館(大阪市中央区備後町)など明治時代から残る近代建造物前に重点的に整備され、6月7日に点灯式を行う。
 この日は午前9時から、作業員約10人が作業を始め、綿業会館前などに計4基設置。機能を確かめるために火をともすと、薄いオレンジ色に染まり、レトロな雰囲気が醸し出された。

←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-18 21:59 | ニュース
市が公用車121台売却
朝日:大阪市、公用車121台を処分 総額5800万円に (2007年03月15日)
 コスト削減のため、大阪市が民間への売却などを進めていた事務用公用車121台の処分が完了した。最高額は市議会の副議長車(トヨタ・センチュリー、排気量5千cc)で550万円。一方で、旧型のため5千円で業者に引き取ってもらった区長車もある。収入総額は計5838万円2610円。市の負債約5兆5千億円に比べれば微々たる額だが、市幹部は「市民の『ぜいたく』批判には応えられたのではないか」と話している。
 公用車の売却は関淳一市長が市政改革の一環として打ち出した。昨年4月から売却を始め、地域の防犯パトロール車などに転用されたり、社会福祉協議会に無償で譲渡されたりなどした11台を除き、2月末までに109台が主に入札で中古車販売業者に売却され、1台が公的団体に有償で譲渡された。
 このうち100万円以上で売れたのは、市長車や助役車など市長室の6台と、市議会事務局の議長車と副議長車、収入役室の収入役車、選挙管理委員会の選管委員長車の計10台。市長車は最高額で売れた副議長車と同車種で、購入時期も同じだったが、走行距離が約5万7500キロと副議長車の約4万3千キロを上回ったため、落札額が下回ったとみられる。
 売却額の上位6位までを占めたトヨタ・センチュリーには、テレビやDVD、マッサージシートなどを備えた豪華車が多く、購入時には1台約1千万円の公費が使われていた。
 95年4月に202万円で購入され、走行距離が約6万8千キロメートルだった鶴見区の区長車(トヨタ・クラウン、2千cc)は入札を3回繰り返したが参加者がなく、中古車業者に随意契約で5千円で引き取られた。
 公用車廃止に伴い、専属運転手121人は区役所などに配置転換されている。

全部売却されてしまったのか・・・c0041027_23211127.jpg
←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-17 23:21 | ニュース
大阪・アート・カレイドスコープ2007
現在、「大阪・アート・カレイドスコープ2007 ~大大阪にあいたい~」が開催中。
大阪府立現代美術センター主催で、近代建築に現代美術が展示されています。

大阪府報道発表資料:大阪・アート・カレイドスコープ2007 (大大阪にあいたい) いよいよ開催!

【会期】
 2007年3月1日(木)—21日(水・祝) <無休>

【展示会場】
 大阪府庁舎本館 / 大阪証券取引所ビル / 江戸堀コダマビル / 應典院 / 大阪駅北地区 / 大阪ガスビルディング
 大阪名品喫茶大大阪 / 源聖寺 / (社)中央電気倶楽部 / 芝川ビル /船場ビルディング / 寺西家阿倍野長屋
 東横堀緑道 / フェスティバルゲート / 綿業会館 / 大阪府立現代美術センター

フェリチェ・ヴァリーニの作品が大阪証券取引所ビルと大阪府庁に展示されています。

c0041027_19293362.jpg


c0041027_19275524.jpg


壁に色のついた紙がはりつけられていて、ある特定の場所から見ると、このように見えます。
背が高すぎる人や低すぎる人は少しずれて見えるかも。

←おねがいします。

関連リンク
大阪府庁舎が美術館に!? (ブンカ×ブログ-猪谷千香イザ!)
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-14 19:19 | ☆大阪百科☆
USJにジェットコースター登場
ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド - USJ

FujiSankei Business i. :59度の傾斜を急降下 USJが新ジェットコースター
 米映画のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)を運営するユー・エス・ジェイは8日、ジェットコースタータイプの新アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」を9日のオープンに先がけ、報道陣に公開した。
 約50億円を投資して建設したハリウッド・ドリーム・ザ・ライドは、全長約1300メートルのコースを最高時速約89キロで滑走するジェットコースター。1車両の定員は36人。約40度の角度をゆっくりと最高地点まで上り、最高勾配(こうばい)59度の傾斜を急降下。アップダウンの激しいコースや、らせん状コースを経て再びスタート地点へと戻る約3分間の迫力満点の空中散歩を楽しめる。
 また、世界で初めてオーディオシステムを搭載。スタート前に洋楽やクラシックなどから好きな曲を1曲選び、背もたれに搭載されたスピーカーから流れる曲を聴くこともできる。
 この日の乗車第1号ゲストは同コースター用に新曲を提供した音楽グループ「ドリームズ・カム・トゥルー」の吉田美和さんで、「めっちゃ楽しい。ジェットコースターで私たちの曲を楽しんでほしい」とPRした。

産経:USJ 6年目で黒字へ 16日マザーズ上場
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-09 22:39 | ニュース
大阪市が変わる
来年度から大阪市の組織改正が行われます。
大阪市:平成19年4月1日実施予定の組織改正について

毎日新聞:大阪市:「こども青少年局」など新設--新年度の組織改正計画キャッシュ
 「財政局契約監理部」「住宅局用地課」「建設局用地部」 → 「契約管財局」
 「市民局青少年課」「健康福祉局児童施策部」「教委こども文化センター」「教委教育相談室」 → 「こども青少年局」
 「都市環境局環境部(下水道事業は建設局に移管)」「環境事業局」 → 「環境局」 
 「住宅局(建築指導部除く)」「建設局市街地整備本部」 → 「都市整備局」

----

で、管理職減らし。
産経:大阪市 管理職ポスト200削減 5年で組織簡素化
 大阪市は27日、平成19~23年度の5年間で、管理職ポスト(課長級以上)を200以上削減する方針を明らかにした。市は18年度から新規採用を凍結するなど、5年間で約5000人以上の職員削減を宣言している。今年から団塊世代の大量退職期を迎え、職員規模の縮小が進展するのに伴い、組織の簡素化も必要と判断した。
 ポストの削減数は、今後の定年退職者の見込み数などから算出した。18年10月現在では、局長級80、部長級338、課長級1160のポストがあり、計1578人が配置されている。
 どのクラスのポストを削減するかはまだ確定していないが、管理職の削減により、組織の簡素化だけでなく、管理職手当など少なくとも年間で数億円規模の人件費削減効果が見込めるという。
 市はすでに、今年4月から、複数の局で類似していた業務を統合する組織改編の実施を決定しており、管理職級で約50ポストを削減する。今後、総務局が中心になってさらに効率的な組織運営を検討。残る4年間で150ポストの削減を図る。
大阪日日新聞:課長級以上のポスト、5年で200以上削減 大阪市

むしろ、現業職員減らせ。

----

毎日新聞:大阪市:年180億円のコスト圧縮へ ITシステム抜本的見直し(2007年3月1日)
 大阪市は業務用のITシステムの抜本的な見直しを07年度から始め、年約180億円に上るコストの圧縮を目指す。07年度は関淳一市長をトップにした庁内横断的な改革推進体制を整えて削減幅などの数値目標を盛り込んだ計画を策定し、08年度から実行に移す。市が28日、市議会委員会で柳本顕市議(自民)の質問に対し明らかにした。
 市によると、ITシステムを利用している業務は約230に上るが、細かい業務までシステム化され、肥大化している。このため、業務自体をゼロベースで見直し、廃止や民間委託などを進めて経費をできる限り削減する。また、関市長の補佐役として、民間からの公募で選定作業中の「IT改革監」(局長級)を充てる。【井上直樹】

----

読売新聞:「広報のプロ」大阪市が登用…報道経験者など新年度から
 職員厚遇やカラ残業、同和行政を巡る不正行為などが相次いで発覚した大阪市が、2007年度から、広告会社や報道機関で働いた経験がある「広報のプロ」数人を非常勤で登用し、事業の効果的なPR方法やマスコミ対策を助言してもらうメディア戦略に乗り出す。市は「情報公開を徹底し、イメージ刷新を図りたい」としているが、市民らからは早くも、「市にとって都合の良い情報だけを流さないように」と、心配する声が上がっている。
 新たに設けるのは、「広報報道アドバイザー(仮称)」。月1回程度市職員に対し、ポスターなどのデザインなどについて指導したり、主要事業の記者会見でのアピール方法についてアドバイスをしたりする。市に不利益な情報を公表する際に、ダメージを最小限に抑える危機管理対応なども伝授。日当は約2万円。
 市は、テレビやラジオでの広報番組制作や広報紙発行などに年間約10億円を支出しているが、テレビの広報番組が視聴率10%未満と低迷するなど費用対効果が悪いと指摘されていた。
 関淳一市長は「大阪市は伝統的に情報発信が苦手。積極的に市民に伝える意識を培いたい」と話している。

----

朝日:大阪市教委「人権教育企画室」廃止へ 40年の歴史に幕 キャッシュ

産経:大阪市 有給組合活動の上限280時間「ながら条例」規則廃止へキャッシュ
[PR]
by nakano-shima | 2007-03-01 23:57 | ニュース