「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧
新線でなにわ筋の潜在能力を。
なにかと話題の北梅田(北ヤード)の再開発を進める上で、なにわ筋線を無視しては、後世に汚点を残すことになります。

長年凍結されていたなにわ筋線、今度こそ実現するのでしょうか。

なにわ筋線は、都市圏の動線として役割だけでなく、新たな都心の軸となり、なにわ筋沿いの発展・地位向上に寄与します。
御堂筋線の過密だけでなく、都心機能まで、西船場に分散させる可能性を秘めているのです。

京阪中之島線の「中之島駅」が中之島を代表する駅になる日は遠くないのかもしれません。


朝日新聞:新大阪―ミナミ―関空 新線「なにわ筋線」、計画再始動c0041027_15503294.jpg

 JR新大阪駅とミナミを結び、関西空港へのアクセス鉄道として期待される新線「なにわ筋線」が実現に向けて動き出す。80年代に計画され長年凍結されていたが、国土交通省は近く、JR西日本と南海電気鉄道、大阪府、大阪市によるトップ会議を開き、建設に向けた基本合意を得る方針だ。3千億円規模とみられる建設費の3分の1は国が補助する方針で、10年度にも調査費の予算計上を目指す。

 現在、大阪駅と関空とはJRで1時間程度かかるが、新線は30分程度への短縮を目指す。最近は府の橋下徹知事が「関空へのアクセス向上には不可欠」として建設に前向きな発言を繰り返している。国交省はトップ会議での合意後、事務レベルの検討会議を設ける。10年度予算にも建設の前提となる基本調査費を計上。数年かけて路線計画を詰め、事業費の概算や需要予測をはじく方向だ。

 建設では「都市鉄道利便増進法」を活用し、国、自治体、鉄道事業者が費用の3分の1ずつを負担する方式が有力だ。府と市は財政難に苦しんでおり、どう分担するかが焦点となりそうだ。

 なにわ筋線はJR新大阪駅から梅田北ヤードの新駅、京阪電鉄中之島駅を経由して大阪市内を南下。分岐してJR難波・南海汐見橋両駅につながる10.2キロの路線。陸空の玄関口と大阪の中心部を直接結ぶ。事業者としてJRと南海が手をあげている。89年に国が行った試算では「開業40年以内に黒字化できる」とされたが、市の財政難などから棚上げされてきた。

 ただ、新大阪から北ヤードまでの約4キロについては、その後立ち上がった北ヤード開発に合わせ大阪市とJRが地下化する「JR東海道支線」をそのまま使える。そのため当初約4千億円と見込まれた建設費用は2千億~3千億円程度に削減できる見通しだ。(上栗崇)




産経新聞:【橋下日記】(28日)「『なにわ筋線』絶対必要」(H21.01.28)

5時15分 経営企画会議。空港戦略や道路事業の整備方針などについて議論する。

 6時50分 知事室へ。

 6時57分 報道陣に「関西空港へのアクセスには『なにわ筋線』が絶対必要」と発言。退庁。




御堂筋のように整備されたなにわ筋。
御堂筋にはブロンズの作品群がありますが、なにわ筋にも色々あります。

産経新聞:【アートな大阪】商業ビルの存在も際だたせる作品群 大阪・西区界隈


←おねがいします。
[PR]
by nakano-shima | 2009-02-16 15:49 | ニュース