2005年 10月 08日 ( 1 )
大阪をいじめるなよ
読売新聞:大阪は醜い? 海外のサイトや案内書に誤解や誇張(2005年10月08日)
 「大阪は醜い」「ヤクザの街」――。海外の大手インターネットサイトや観光ガイドブックで、大阪に関して誤解や偏った記述が横行していることが、大阪府などでつくる「大阪ブランドコミッティ」の調査でわかった。「酔っぱらいが絶え間なく行き交う」などマイナス面の誇張も目立つ。府は「企業や観光客が逃げ出しかねない」と危機感を募らせ、出版元などに大阪の実像を伝えるイメージアップ作戦に乗り出す。
 ファッションショーなどのイベントを開催して「大阪ブランド」のPRを進める同コミッティが今夏、府の海外事務所などを通じ、22か国のサイトや観光案内書の一部を調べた。
 「街は醜いにもかかわらず、愛されることを切望している」。米国の大手検索サイトの旅行ガイドは大阪コーナーの冒頭でこうつづる。大阪人を「仕事がなくなっても、人生の楽しみ方を知っている、のんきな市民」と解説。「もうかりまっか」があいさつだとし、ミナミを「戎橋では若者がミニスカートの女の子を捕まえるために網を張る」など“紹介”している。
 また、大手百科事典サイトでは「下品なユーモア感覚から、騒々しいと思われている」と大阪人を分析。新世界の通天閣を「大阪タワー」と勝手に呼んでいる。
 英国の大手出版社の旅行ガイドブック(2003年版)は囲み記事「The Yakuza」で、全身入れ墨の男性の写真とともに「大阪はヤクザの街」と指摘。中国で出版されている観光案内書にも似た記述がある。
 「予備知識のない外国人が読めば大阪の実像だと信じてしまう」と、府の担当者らは引き続き各国のガイドブックを収集して誤った表現をチェックする一方、出版元などに“正しい”情報を盛り込んだ冊子などを送って“名誉回復”に取り組むことにしている。
 著書「大阪学」がある大谷晃一・帝塚山学院大名誉教授の話「大阪人は悪口を言われても『目くじら立てんでも、ええやん』というところがあり、悪いイメージだけが誇張されてきたのだろう。一朝一夕に誤解を解くのは無理。根気よくアピールするしかない」
Introduction to Osaka, Japan(英語) - 大阪の紹介。Yahoo!
Osaka(英語) - Stay safeの項目でヤクザについて記述。WikiTravel
Osaka(英語) - lonely planet

ヤクザの街というイメージは、やっぱ映画のせいか?
まぁ、ともかく、外国人に大阪に悪いイメージを植え込んでいる犯人は日本人だな。どこの人とは言わないけど。
特にYahoo!での大阪紹介が。。。これはやばすぎる。同和問題までふれてるし。。。

行政も、イメージアップのために動き出しているようです。それについては、また紹介します。

[PR]
by nakano-shima | 2005-10-08 16:25